日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

レポートのクイックスタート

サンプルのカスタムレポートを作成して、各ビューの内容とレポートのスケジュール設定について学びます。このクイックスタートのレポートでは、アクセス頻度の低いコールドデータが相当量あり、クラウド階層への移動を検討するボリュームを特定します。Performance : All Volumes ビューを開き、フィルタと列を使用してビューをカスタマイズし、カスタムビューをレポートとして保存し、レポートを週に 1 回共有するようにスケジュール設定します。

  • 必要なもの *

  • アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

  • FabricPool アグリゲートを設定しておく必要があります。また、それらのアグリゲート上にボリュームが必要です。

以下の手順に従って、次の操作を実行します。

  • デフォルトビューを開きます

  • データをフィルタおよびソートして列をカスタマイズします

  • ビューを保存します

  • カスタムビューに対して生成されるようにレポートをスケジュール設定します

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * Storage * > * Volumes * をクリックします。

  2. [ 表示 ] メニューで、 [* パフォーマンス > すべてのボリューム *] を選択します。

  3. 「ディスクタイプ」列がビューに表示されることを確認するには、「 * 表示 / 非表示 * 」をクリックします。

    非表示 3 を表示します

    他の列を追加または削除して、レポートに必要なフィールドを含むビューを作成します。

  4. 「クラウドのおすすめ」列の横にある「ディスクの種類」列をドラッグします。

  5. フィルタアイコンをクリックして次の 3 つのフィルタを追加し、 * フィルタの適用 * をクリックします。

    • ディスクタイプには FabricPool が含まれます

    • クラウドに関する推奨事項に階層が含まれて

    • コールドデータが 10GB を超えています

    各フィルタは論理積で結合され、すべての条件を満たすボリュームだけが返されます。最大 5 つのフィルタを追加できます。

  6. コールドデータ列の上部をクリックして結果をソートし、コールドデータが最も多いボリュームがビューの上部に表示されるようにします。

  7. ビューをカスタマイズすると、ビュー名は [ 保存されていないビュー ] になります。ビューに表示されているビューを反映する名前を付けますたとえば 'Vols change tiering policy' のように指定します完了したら、チェックマークをクリックするか、 * Enter * キーを押してビューを新しい名前で保存します。

    レポート vol code data 2.
  8. レポートを * CSV * 、 * Excel * 、または * PDF * ファイルとしてダウンロードし、スケジュール設定または共有する前に出力を確認します。

    Microsoft Excel ( CSV または Excel )や Adobe Acrobat ( PDF )などのインストールされているアプリケーションでファイルを開くか、ファイルを保存します。

    注記

    ビューを Excel ファイルとしてダウンロードすると、複雑なフィルタ、ソート、ピボットテーブル、グラフを使用してレポートをさらにカスタマイズできます。Excel でファイルを開いたら、高度な機能を使用してレポートをカスタマイズします。問題がなければ、 Excel ファイルをアップロードします。このファイルはカスタマイズされており、レポートの実行時にビューに適用されます。

    Excel を使用したレポートのカスタマイズの詳細については、 _ Microsoft Excel レポートのサンプル _ を参照してください。

  9. インベントリページの * スケジュール済みレポート * ボタンをクリックします。オブジェクトに関連するスケジュール済みレポート(この場合はボリューム)がすべてリストに表示されます。

    スケジュール済みレポート 3.
  10. [ レポートスケジュール ] ページに新しい行を追加して、新しいレポートのスケジュール特性を定義できるようにするには、 [ スケジュールの追加 ] をクリックします。

  11. レポートの名前を入力し、他のレポートフィールドに情報を入力して、チェックマーク()をクリックします。

    レポートはテストとしてすぐに送信されます。その後、指定した頻度でレポートが生成され、リスト内の受信者に E メールで送信されます。

    CSV 形式のサンプルレポートを次に示します。

    CSV サンプルレポート

    PDF 形式のサンプルレポートを次に示します。

    PDF サンプルレポート

レポートに表示された結果を基に、 ONTAP システムマネージャまたは ONTAP CLI を使用して、特定のボリュームの階層化ポリシーを「 auto 」または「 all 」に変更し、より多くのコールドデータをクラウド階層にオフロードできます。