日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

VMware 仮想インフラを監視する

Active IQ Unified Manager では、仮想インフラ内の仮想マシン( VM )を可視化し、仮想環境内のストレージやパフォーマンスの問題を監視してトラブルシューティングできます。この機能を使用すると、ストレージ環境におけるレイテンシの問題や、 vCenter Server でパフォーマンスイベントが報告されたタイミングを特定できます。

ONTAP の一般的な仮想インフラ環境には、さまざまなコンポーネントがコンピューティングレイヤ、ネットワークレイヤ、ストレージレイヤに分散して配置されています。VM アプリケーションのパフォーマンス低下は、各レイヤのさまざまなコンポーネントでレイテンシが生じていることが原因である可能性があります。この機能は、ストレージまたは vCenter Server の管理者および IT ゼネラリストが、仮想環境でパフォーマンス問題を分析したり、問題がどのコンポーネントで発生したかを把握したりするのに役立ちます。

これで、 VMware セクションの vCenter のメニューから vCenter Server にアクセスできるようになりました。表示されている各仮想マシンのプレビュービューには、新しいブラウザで vCenter Server を起動する [vCenter server*] リンクがトポロジビューにあります。また、 * トポロジの展開 * ボタンを使用して vCenter Server を起動し、 * vCenter で表示 * ボタンをクリックして vCenter Server のデータストアを表示することもできます。

Unified Manager のトポロジビューには、仮想環境の基盤となるサブシステムが表示され、コンピューティングノード、ネットワーク、またはストレージでレイテンシ問題が発生したかどうかが確認されます。また、修復手順を実行して基盤となる問題に対応するために、パフォーマンス低下の原因となっているオブジェクトが強調表示されます。

ONTAP ストレージ上に導入される仮想インフラには、次のオブジェクトが含まれます。

  • vCenter Server :仮想環境の VMware VM 、 ESXi ホスト、およびすべての関連コンポーネントを管理する一元化されたコントロールプレーンです。vCenter Server の詳細については、 VMware のドキュメントを参照してください。

  • ホスト: VMware の仮想化ソフトウェアである ESXi を実行し、 VM をホストする物理システムまたは仮想システムです。

  • データストア:データストアは、 ESXi ホストに接続される仮想ストレージオブジェクトです。LUN やボリュームなどの ONTAP の管理可能なストレージエンティティであり、ログファイル、スクリプト、構成ファイル、仮想ディスクなどの VM ファイルのリポジトリとして使用され、SAN または IP ネットワーク接続を介して環境内のホストに接続されます。vCenter Server にマッピングされている ONTAP 外部のデータストアは、 Unified Manager ではサポートされず、表示もされません。

  • VM : VMware 仮想マシン。

  • 仮想ディスク:拡張子が VMDK である VM に属するデータストア上の仮想ディスク。仮想ディスクのデータは対応する VMDK に格納されます。

  • VMDK :仮想ディスク用のストレージスペースを提供するデータストア上の仮想マシンディスクです。仮想ディスクごとに対応する VMDK があります。

これらのオブジェクトは VM トポロジビューに表示されます。

  • ONTAP での VMware 仮想化 *

VM の導入
  • ユーザーワークフロー *

次の図は、 VM トポロジビューを使用する一般的なユースケースを示しています。

VM ワークフロー

サポートされない機能:

  • vCenter Server インスタンスにマッピングされている ONTAP 外部のデータストアは、 Unified Manager ではサポートされません。これらのデータストアに仮想ディスクがある VM もサポートされません。

  • 複数の LUN にまたがるデータストアはサポートされません。

  • ネットワークアドレス変換( NAT )を使用してデータ LIF (アクセスエンドポイント)をマッピングするデータストアはサポートされません。

  • 複数の LIF を使用する構成では、同じ IP アドレスを持つ異なるクラスタ上のデータストアとしてボリュームまたは LUN をエクスポートすることはできません。 UM では、どのデータストアがどのクラスタに属しているかを特定できません。

    例:クラスタ A にデータストア A があるとしますデータストア A は、同じ IP アドレス x.x.x.x のデータ LIF を介してエクスポートされ、このデータストアに VM A が作成されます。同様に、クラスタ B にはデータストア B がありますデータストア B は、同じ IP アドレス x.x.x.x のデータ LIF を介してエクスポートされます。 VM B はデータストア B に作成されますUM では、 VM A のトポロジ用のデータストア A を対応する ONTAP ボリューム / LUN にマッピングしたり、 VM B をマッピングしたりすることはできません

  • データストアとしてサポートされるのは NAS ボリュームと SAN ボリューム( VMFS の場合は iSCSI と FCP )のみです。仮想ボリューム( VVol )はサポートされません。

  • iSCSI 仮想ディスクのみがサポートされます。NVMe タイプと SATA タイプの仮想ディスクはサポートされません。

  • これらのビューでは、さまざまなコンポーネントのパフォーマンスを分析するためのレポートを生成することはできません。

  • Unified Manager の仮想インフラのみでサポートされる Storage Virtual Machine ( Storage VM )ディザスタリカバリ( DR )セットアップの場合は、スイッチオーバーおよびスイッチバックのシナリオでアクティブな LUN を参照するように vCenter Server で設定を手動で変更する必要があります。手動操作なしでは、データストアにアクセスできなくなります。