日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ワークロードのプロビジョニングと管理

寄稿者

Active IQ Unified Manager のアクティブ管理機能を使用すると、パフォーマンスサービスレベル、ストレージ効率化ポリシー、およびデータセンターのストレージワークロードをプロビジョニング、監視、管理するためのストレージプロバイダ API を利用できます。

注記

この機能は Unified Manager にデフォルトで搭載されています。この機能を使用しない場合は、 * Storage Management * > * Feature Settings * で無効にできます。

有効にした場合、 Unified Manager のインスタンスで管理される ONTAP クラスタのワークロードをプロビジョニングできます。また、ワークロードにパフォーマンスサービスレベルやストレージ効率化ポリシーなどのポリシーを割り当て、それらのポリシーに基づいてストレージ環境を管理することもできます。

この機能を使用すると、次の機能を実行できます。

  • 追加したクラスタでストレージワークロードを自動検出して、ストレージワークロードを簡単に評価して導入できるようにします

  • NFS プロトコルと CIFS プロトコルをサポートする NAS ワークロードをプロビジョニングする

  • iSCSI および FCP プロトコルをサポートする SAN ワークロードをプロビジョニングする

  • 同じファイル共有で NFS プロトコルと CIFS プロトコルの両方がサポートされます

  • パフォーマンスサービスレベルとストレージ効率化ポリシーを管理する

  • ストレージワークロードにパフォーマンスサービスレベルとストレージ効率化ポリシーを割り当てています

UI の左側のペインで、 * Provisioning * 、 * Storage * > * Workloads * 、 * Policies * の各オプションを使用して、さまざまな設定を変更できます。

これらのオプションを使用して、次の機能を実行できます。

  • ストレージワークロードを * Storage * > * Workloads * ページで表示できます

  • プロビジョニングワークロードのページからストレージワークロードを作成します

  • パフォーマンスサービスレベルの作成と管理はポリシーから行います

  • ポリシーからストレージ効率化ポリシーを作成および管理します

  • ワークロードページからストレージワークロードにポリシーを割り当てます

  • 関連情報 *