日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

問題で他の認証サービスを使用して LDAP を追加

寄稿者

認証サービスとして [ その他 ] を選択すると、ユーザーおよびグループのオブジェクトクラスには、以前に選択したテンプレートの値が保持されます。LDAP サーバが同じ値を使用していないと、処理が失敗することがあります。

  • 原因 *

OpenLDAP でユーザが正しく設定されていません。

  • 是正措置 *

この問題は、次のいずれかの対処方法によって手動で修正できます。

LDAP のユーザオブジェクトクラスとグループオブジェクトクラスがそれぞれ user と group である場合は、次の手順を実行します。

  1. 左側のナビゲーションペインで、 [ 一般 > リモート認証 *] をクリックします。

  2. [* 認証サービス ] ドロップダウンメニューで、 [ Active Directory*] を選択し、 [* その他 *] を選択します。

  3. テキストフィールドに入力します。

LDAP のユーザオブジェクトクラスとグループオブジェクトクラスがそれぞれ posixAccount と posixGroup である場合は、次の手順を実行します。

  1. 左側のナビゲーションペインで、 [ 一般 > リモート認証 *] をクリックします。

  2. [* Authentication Service*] ドロップダウンメニューで [*OpenLDAP *] を選択し、 [*Others *] を選択します。

  3. テキストフィールドに入力します。

最初の 2 つの回避策が適用されない場合は 'option-set’api を呼び出して 'auth.ldap.userObjectClass` オプションと auth.ldap.groupObjectClass` オプションを正しい値に設定します