日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

パフォーマンスサービスレベルの作成と編集

寄稿者

システム定義のパフォーマンスサービスレベルがワークロードの要件に合わない場合は、ワークロードに最適化された独自のパフォーマンスサービスレベルを作成できます。

  • 必要なもの *

  • アプリケーション管理者のロールが必要です。

  • パフォーマンスサービスレベル名は一意である必要があります。また、次のリザーブキーワードは使用できません。

    'prime'`Extreme''Performance 'Value '`Unassigned ', 「 Learning 」、「 Idle 」、「 Default 」、「 None 」。

カスタムのパフォーマンスサービスレベルを作成および編集するには、パフォーマンスサービスレベルページで、ストレージにアクセスするアプリケーションに必要なサービスレベル目標を定義します。

注記

ワークロードに現在割り当てられているパフォーマンスサービスレベルは変更できません。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインの * Settings * で、 * Policies * > * Performance Service Levels * を選択します。

  2. パフォーマンスサービスレベル * ページで、新しいパフォーマンスサービスレベルを作成するか既存のパフォーマンスサービスレベルを編集するかに応じて、該当するボタンをクリックします。

    目的 実行する手順

    新しいパフォーマンスサービスレベルを作成します

    [ 追加( Add ) ] をクリックします。

    既存のパフォーマンスサービスレベルを編集します

    既存のパフォーマンスサービスレベルを選択し、 * 編集 * をクリックします。

    パフォーマンスサービスレベルを追加または編集するためのページが表示されます。

  3. パフォーマンスの目標を指定してパフォーマンスサービスレベルをカスタマイズし、 * Submit * をクリックしてパフォーマンスサービスレベルを保存します。

新規または変更したパフォーマンスサービスレベルをワークロード( LUN 、 NFS ファイル共有、 CIFS 共有)に適用できるのは、ワークロードページから、または新しいワークロードをプロビジョニングするときです。