日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

LUN のプロビジョニング

CIFS / SMB プロトコルと NFS プロトコルをサポートする LUN は、既存のクラスタおよび Storage Virtual Machine ( Storage VM )上のプロビジョニングワークロードのページで作成できます。

  • 必要なもの *

  • Storage VM に LUN をプロビジョニングするためのスペースが必要です。

  • LUN を作成する Storage VM で iSCSI と FCP の両方が有効になっている必要があります。

  • ワークロードにパフォーマンスサービスレベル( PSL )とストレージ効率化ポリシー( SEP )を選択して割り当てる場合は、ワークロードの作成を開始する前にポリシーを作成しておく必要があります。

手順
  1. [* Provision Workload* ] ページで、作成するワークロードの名前を追加し、使用可能なリストからクラスタを選択します。

    選択したクラスタに基づいて、 Storage VM * フィールドで、そのクラスタで使用可能な Storage VM がフィルタリングされます。

  2. iSCSI サービスと FCP サービスをサポートする Storage VM をリストから選択します。

    選択に基づいて、ホスト情報セクションで SAN オプションが有効になります。

  3. 「ストレージと最適化 * 」セクションで、ストレージ容量と PSL を割り当てます。必要に応じて、ワークロードの SEP を割り当てます。

    SEP の仕様が LUN に割り当てられ、 PSL の定義が作成時にワークロードに適用されます。

  4. 割り当てられている PSL をワークロードに適用する場合は、「 * パフォーマンス制限を適用する * 」チェックボックスを選択します。

    ワークロードに PSL を割り当てると、ワークロードが作成されるアグリゲートで、そのポリシーに定義されているパフォーマンスと容量の目標をサポートできることが保証されます。たとえば、ワークロードに「最高レベルのパフォーマンス」 PSL が割り当てられている場合、ワークロードをプロビジョニングするアグリゲートには、 SSD ストレージなど、「最高レベルのパフォーマンス」ポリシーに指定されたパフォーマンスと容量が求められます。

    注記

    このチェックボックスをオンにしない場合、 PSL はワークロードに適用されず、ダッシュボードのワークロードのステータスは「 unassigned 」と表示されます。

  5. [SAN ] オプションを選択します。「 * san * 」オプションが有効になっていない場合は、選択した Storage VM で iSCSI と FCP がサポートされているかどうかを確認してください。

  6. ホスト OS を選択します。

  7. LUN へのイニシエータのアクセスを制御するホストマッピングを指定します。既存のイニシエータグループ( igroup )を割り当てるか、新しい igroup を定義してマッピングできます。

    注記

    LUN のプロビジョニング時に新しい igroup を作成した場合は、次の検出サイクル(最大 15 分)でその igroup が使用されるまで待つ必要があります。したがって、使用可能な igroup のリストから既存の igroup を使用することを推奨します。

    新しい igroup を作成する場合は、「 * 新しいイニシエータグループを作成する * 」ボタンを選択し、 igroup の情報を入力します。

  8. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

    LUN がストレージワークロードのリストに追加されます。