日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

作業を開始する前に

寄稿者 dmp-netapp このページの PDF をダウンロード

これらのワークフローを使用して、 Astra Control Center 導入モデルで使用されるインフラストラクチャを作成および管理できます。ほとんどの場合、 Astra Control Service でワークフローを使用することもできます。

注記 これらのワークフローは、ネットアップがいつでも拡張および強化できるため、定期的に確認する必要があります。

一般的な準備

いずれかの Astra ワークフローを使用する前に、を確認してください "ワークフローを使用する準備をします"

ワークフローのカテゴリ

インフラのワークフローは、さまざまなカテゴリに分類されているため、必要なワークフローを簡単に見つけることができます。

カテゴリ 説明

ID とアクセス

これらのワークフローを使用すると、 Astra のアイデンティティとアクセス方法を管理できます。リソースには、ユーザ、クレデンシャル、トークンが含まれます。

バケット

これらのワークフローを使用して、バックアップの格納に使用する S3 バケットを作成および管理できます。

ストレージ

これらのワークフローを使用して、ストレージバックエンドとストレージボリュームを追加および管理できます。

クラスタ

管理対象の Kubernetes クラスタを追加すると、クラスタに含まれるアプリケーションを保護およびサポートできるようになります。