日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Astra Control Center をセットアップします

Astra Control Center は、 ONTAP と Astra データストアをストレージバックエンドとしてサポートおよび監視します。Astra Control Center をインストールして UI にログインし、パスワードを変更したら、ライセンスの設定、クラスタの追加、ストレージの管理、バケットの追加を行います。

Astra Control Center のライセンスを追加します

UI またはを使用して新しいライセンスを追加できます "API" Astra Control Center の全機能を利用できます。ライセンスがないと、 Astra Control Center の使用は、ユーザの管理と新しいクラスタの追加に限定されます。

ライセンスの計算方法の詳細については、を参照してください "ライセンス"

注記 既存の評価版またはフルライセンスを更新するには、を参照してください "既存のライセンスを更新する"

Astra Control Center ライセンスは、 Kubernetes CPU ユニットを使用して CPU リソースを測定します。ライセンスには、管理対象のすべての Kubernetes クラスタのワーカーノードに割り当てられた CPU リソースが含まれている必要があります。ライセンスを追加する前に、からライセンスファイル( NLF )を取得する必要があります "ネットアップサポートサイト"

また、 Astra Control Center に評価ライセンスをお試しいただくこともできます。このライセンスは、 Astra Control Center をダウンロードした日から 90 日間使用できます。登録すると、無償トライアルに登録できます "こちらをご覧ください"

注記 インストールがライセンス数を超えると、 Astra Control Center は新しいアプリケーションを管理できなくなります。容量を超えるとアラートが表示されます。

から Astra Control Center をダウンロードした場合 "ネットアップサポートサイト"には、 NetApp License File ( NLF )もダウンロードします。このライセンスファイルにアクセスできることを確認してください。

手順
  1. Astra Control Center UI にログインします。

  2. 「 * アカウント * > * ライセンス * 」を選択します。

  3. 「 * ライセンスの追加 * 」を選択します。

  4. ダウンロードしたライセンスファイル( NLF )を参照します。

  5. 「 * ライセンスの追加 * 」を選択します。

Account>*License* ページには、ライセンス情報、有効期限、ライセンスシリアル番号、アカウント ID 、および使用されている CPU ユニットが表示されます。

注記 評価用ライセンスをお持ちの場合は、 Astra Control Center に障害が発生したときに ASUP を送信していないときにデータが失われないように、アカウント ID を必ず保存してください。

クラスタを追加

アプリケーションの管理を開始するには、 Kubernetes クラスタを追加し、コンピューティングリソースとして管理します。Kubernetes アプリケーションを検出するには、 Astra Control Center のクラスタを追加する必要があります。Astra データストアの場合は、 Astra データストアによってプロビジョニングされたボリュームを使用するアプリケーションを含む Kubernetes アプリケーションクラスタを追加します。

ヒント 他のクラスタを Astra Control Center に追加して管理する前に、 Astra Control Center が最初に導入したクラスタを管理することをお勧めします。指標およびトラブルシューティング用の Kubemetrics データとクラスタ関連データを送信するには、最初のクラスタを管理下に配置する必要があります。Add Cluster * 機能を使用して、 Astra Control Center でクラスタを管理できます。
注記

Astra Controlは、クラスタを管理する際に、クラスタのデフォルトストレージクラスを追跡します。'kubectl’コマンドを使用してストレージ・クラスを変更すると’Astra Controlは変更を元に戻しますAstra Controlで管理されるクラスタのデフォルトのストレージクラスを変更するには、次のいずれかの方法を使用します。

  • Astra Control APIのPut / managedClustersエンドポイントを使用し’DefaultStorageClass’パラメータを指定して’別のデフォルトストレージクラスを割り当てます

  • Astra Control Web UIを使用して、別のデフォルトストレージクラスを割り当てます。を参照してください [Change the default storage class]

必要なもの
手順
  1. Astra Control Center UI の * ダッシュボード * から、クラスタセクションで * 追加 * を選択します。

  2. 表示された「クラスタを追加」ウィンドウで、「 kubeconfig .yaml 」ファイルをアップロードするか、「 kubeconfig .yaml 」ファイルの内容を貼り付けます。

    注記 「 kubeconfig .yaml 」ファイルには、 1 つのクラスタのクラスタ・クレデンシャルのみを含める必要があります。

    に、クラスタの kubeconfig .yaml をアップロードする画面を示します。

    重要 独自の「 kubeconfig 」ファイルを作成する場合は、その中で * 1 つの * コンテキストエレメントのみを定義する必要があります。を参照してください "Kubernetes のドキュメント" 「 kubeconfig 」ファイルの作成方法については、を参照してください。
  3. クレデンシャル名を指定します。デフォルトでは、クレデンシャル名がクラスタの名前として自動的に入力されます。

  4. 「ストレージの設定」を選択します。

  5. この Kubernetes クラスタに使用するストレージクラスを選択し、 * Review * を選択します。

    注記 ONTAP ストレージまたは Astra データストアからバックアップされた Trident ストレージクラスを選択する必要があります。

    クラスタで使用されるストレージクラスが表示されます。

  6. 情報を確認し、問題がない場合は「 * クラスタの追加 * 」を選択します。

クラスタが「 Discovering * 」ステータスになり、「 Running 」に変わります。Kubernetes クラスタが正常に追加され、 Astra Control Center で管理できるようになりました。

重要 Astra Control Center で管理するクラスタを追加したあと、監視オペレータの配置に数分かかる場合があります。それまでは、通知アイコンが赤に変わり、 * モニタリングエージェントステータスチェック失敗 * イベントが記録されます。この問題は無視してかまいません。問題は、 Astra Control Center が正しいステータスを取得したときに解決します。数分で問題が解決しない場合は、クラスタに移動し、「 OC get pod -n NetApp-monitoring 」を開始点として実行します。問題をデバッグするには、監視オペレータのログを調べる必要があります。

ストレージバックエンドを追加します

ストレージバックエンドを追加して、 Astra Control がリソースを管理できるようにすることができます。管理対象クラスタにストレージバックエンドを導入するか、既存のストレージバックエンドを使用できます。

ストレージバックエンドとして Astra Control のストレージクラスタを管理することで、永続ボリューム( PVS )とストレージバックエンドの間のリンケージを取得できるだけでなく、追加のストレージ指標も取得できます。

既存のAstraデータストアの導入に必要なもの
  • Kubernetesアプリケーションクラスタと基盤となるコンピューティングクラスタを追加しておきます。

    重要 Astra Data Store用のKubernetesアプリケーションクラスタを追加し、Astra Controlによって管理されると、クラスタは検出されたバックエンドのリストに「unmanaged」と表示されます。次に、 Astra データストアを含むコンピューティングクラスタを追加し、 Kubernetes アプリケーションクラスタの基盤を構築する必要があります。これは、 UI の * Backends * から実行できます。クラスタの [Actions] メニューを選択し、 [`Manage] を選択して、およびを選択します "クラスタを追加"。「 unmanaged 」のクラスタ状態が Kubernetes クラスタの名前に変わったら、バックエンドの追加に進むことができます。
新しいAstraデータストアの導入に必要なもの

ストレージリソースを導入

新しいAstraデータストアを導入して、関連するストレージバックエンドを管理できます。

手順
  1. ダッシュボードまたはバックエンドメニューから移動します。

    • ダッシュボードから*:リソースサマリからストレージバックエンドペインからリンクを選択し、バックエンドセクションから*追加*を選択します。

    • バックエンドから * :

      1. 左側のナビゲーション領域で、 * Backends * を選択します。

      2. 「 * 追加」を選択します。

  2. Deploy タブで Astra Data Store *導入オプションを選択します。

  3. 導入するAstraデータストアパッケージを選択:

    1. Astraデータストアアプリケーションの名前を入力します。

    2. 導入するAstraデータストアのバージョンを選択します。

      注記 展開するバージョンをまだアップロードしていない場合は、*パッケージの追加*オプションを使用するか、ウィザードを終了してを使用できます "パッケージ管理" インストールバンドルをアップロードします。
  4. 以前にアップロードしたAstraデータストアライセンスを選択するか、*ライセンスの追加*オプションを使用して、アプリケーションで使用するライセンスをアップロードします。

    注記 完全な権限を持つAstra Data StoreライセンスはKubernetesクラスタに関連付けられており、この関連クラスタは自動的に表示されるはずです。管理対象クラスタがない場合は、*クラスタの追加*オプションを選択してAstra Control管理に追加できます。Astra Data Storeライセンスの場合、ライセンスとクラスタの間に関連付けが行われていない場合は、ウィザードの次のページでこの関連付けを定義できます。
  5. KubernetesクラスタをAstra Control管理に追加していない場合は、* Kubernetes cluster *ページから追加する必要があります。リストから既存のクラスタを選択するか、「*基盤となるクラスタを追加」を選択してAstra Control管理用にクラスタを追加します。

  6. Astraデータストアにリソースを提供するKubernetesクラスタの導入テンプレートサイズを選択します。

    ヒント テンプレートを選択する際は、大規模なワークロードにはメモリとコアが多く、小規模なワークロードにはノード数が多い大規模なノードを選択します。ライセンスで許可されている内容に基づいてテンプレートを選択する必要があります。各テンプレートオプションは、各ノードのメモリとコアおよび容量のテンプレートパターンを満たす、適格なノードの数を提案します。
  7. ノードを設定します。

    1. ノードラベルを追加して、このAstraデータストアクラスタをサポートするワーカーノードのプールを特定します。

      重要 このラベルは、Astraデータストアの導入に使用するクラスタ内の各ノードに追加してからでないと、導入や導入が失敗します。
    2. ノードあたりの容量(GiB)を手動で設定するか、許容される最大ノード容量を選択します。

    3. クラスタで許可される最大ノード数を設定するか、クラスタで許容される最大ノード数を設定します。

  8. (Astraデータストアフルライセンスのみ)保護ドメインに使用するラベルのキーを入力します。

    注記 各ノードのキーに対して、少なくとも3つの一意のラベルを作成します。たとえば’キーがastra.datastore.protection.domain`の場合は’astra.datastore.protection.domain=domain1`,`astra.datastore.protection.domain=domain2`およびastra.datastore.protection.domain=domain3`というラベルを作成できます
  9. 管理ネットワークを設定します。

    1. Astraデータストアの内部管理用の管理IPアドレスを入力します。このIPアドレスは、ワーカーノードのIPアドレスと同じサブネットにあります。

    2. 管理ネットワークとデータネットワークで同じNICを使用するか、または個別に設定します。

    3. データネットワークのIPアドレスプール、サブネットマスク、ストレージアクセス用のゲートウェイを入力してください。

  10. 設定を確認し、「* Deploy *」を選択してインストールを開始します。

インストールが正常に完了すると、バックエンドはアクティブなパフォーマンス情報とともにバックエンドリストに「Available」状態で表示されます。

注記 バックエンドが表示されるようにページを更新する必要がある場合があります。

既存のストレージバックエンドを使用する

検出されたONTAP またはAstraデータストアのストレージバックエンドをAstra Control Center管理に組み込むことができます。

手順
  1. ダッシュボードまたはバックエンドメニューから移動します。

    • ダッシュボードから*:リソースサマリからストレージバックエンドペインからリンクを選択し、バックエンドセクションから*追加*を選択します。

    • バックエンドから * :

      1. 左側のナビゲーション領域で、 * Backends * を選択します。

      2. 管理対象クラスタから検出されたバックエンドで* Manage を選択するか、 Add *を選択して追加の既存バックエンドを管理します。

  2. [ 既存の使用( Use Existing ) ] * タブを選択します。

  3. バックエンドの種類に応じて、次のいずれかの操作を行います。

    • * Astra データストア * :

      1. 「* Astra Data Store *」を選択します。

      2. 管理対象のコンピューティングクラスタを選択し、 * Next * を選択します。

      3. バックエンドの詳細を確認し、「Add storage backend *」を選択します。

    • * ONTAP * :

      1. 「* ONTAP *」を選択します。

      2. ONTAP の管理者クレデンシャルを入力し、「 * Review * 」を選択します。

      3. バックエンドの詳細を確認し、「Add storage backend *」を選択します。

バックエンドは ' サマリー情報とともに ' リスト内の [Available (使用可能) ] 状態で表示されます

注記 バックエンドが表示されるようにページを更新する必要がある場合があります。

バケットを追加します

アプリケーションと永続的ストレージをバックアップする場合や、クラスタ間でアプリケーションのクローニングを行う場合は、オブジェクトストアバケットプロバイダの追加が不可欠です。Astra Control は、これらのバックアップまたはクローンを、定義したオブジェクトストアバケットに格納します。

バケットを追加すると、 Astra Control によって、 1 つのバケットがデフォルトのバケットインジケータとしてマークされます。最初に作成したバケットがデフォルトバケットになります。

アプリケーション構成と永続的ストレージを同じクラスタにクローニングする場合、バケットは必要ありません。

次のいずれかのバケットタイプを使用します。

  • NetApp ONTAP S3

  • NetApp StorageGRID S3 の略

  • 汎用 S3

注記 Astra Control Center は Amazon S3 を汎用 S3 バケットプロバイダとしてサポートしていますが、 Astra Control Center は Amazon の S3 サポートを要求するすべてのオブジェクトストアベンダーをサポートしているわけではありません。

Astra Control API を使用してバケットを追加する手順については、を参照してください "Astra の自動化と API に関する情報"

手順
  1. 左側のナビゲーション領域で、 * バケット * を選択します。

    1. 「 * 追加」を選択します。

    2. バケットタイプを選択します。

      注記 バケットを追加するときは、正しいバケットプロバイダを選択し、そのプロバイダに適したクレデンシャルを指定します。たとえば、タイプとして NetApp ONTAP S3 が許可され、 StorageGRID クレデンシャルが受け入れられますが、このバケットを使用して原因の以降のアプリケーションのバックアップとリストアはすべて失敗します。
    3. 新しいバケット名を作成するか、既存のバケット名とオプションの概要を入力します。

      ヒント バケット名と概要は、バックアップを作成するときに後で選択できるバックアップの場所として表示されます。この名前は、保護ポリシーの設定時にも表示されます。
    4. S3 エンドポイントの名前または IP アドレスを入力します。

    5. このバケットをすべてのバックアップのデフォルトバケットにする場合は、「このバケットをこのプライベートクラウドのデフォルトバケットにする」オプションを選択します。

      注記 このオプションは、最初に作成したバケットに対しては表示されません。
    6. 追加して続行します クレデンシャル情報

S3 アクセスクレデンシャルを追加します

S3 アクセスクレデンシャルはいつでも追加できます。

手順
  1. バケット( Buckets )ダイアログで、 * 追加( Add ) * または * 既存の * を使用( Use Existing * )タブのいずれかを選択します。

    1. Astra Control の他のクレデンシャルと区別するクレデンシャルの名前を入力します。

    2. クリップボードからコンテンツを貼り付けて、アクセス ID とシークレットキーを入力します。

デフォルトのストレージクラスを変更する

クラスタのデフォルトのストレージクラスは変更できます。

手順
  1. Astra Control Center Web UIで、[* Clusters]を選択します。

  2. [* Clusters]ページで、変更するクラスタを選択します。

  3. [ * ストレージ * ] タブを選択します。

  4. ストレージクラス」カテゴリを選択します。

  5. デフォルトとして設定するストレージクラスの* Actions *メニューを選択します。

  6. デフォルトに設定」を選択します。

次の手順

Astra Control Center にログインしてクラスタを追加したので、 Astra Control Center のアプリケーションデータ管理機能を使い始めることができます。

詳細については、こちらをご覧ください