日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

既知の問題

アプリケーションをリストアすると、 PV のサイズが元の PV よりも大きくなります

バックアップの作成後に永続ボリュームのサイズを変更し、そのバックアップからリストアすると、永続ボリュームのサイズはバックアップのサイズではなく PV の新しいサイズと一致します。

特定のバージョンの PostgreSQL を使用すると、アプリケーションクローンが失敗します

Bitnami PostgreSQL 11.5.0 チャートを使用すると、同じクラスタ内のアプリケーションクローンは一貫して失敗します。正常にクローニングするには、以前のバージョンのグラフを使用してください。

サービスアカウントレベルの OCP セキュリティコンテキスト制約( SCC )を使用すると、アプリケーションのクローンが失敗する

OpenShift Container Platform クラスタのネームスペース内のサービスアカウントレベルで元のセキュリティコンテキストの制約が設定されていると、アプリケーションクローンが失敗する場合があります。アプリケーションのクローンが失敗すると、 Astra Control Center の管理対象アプリケーション領域にステータス「 Removed 」と表示されます。を参照してください "技術情報アーティクル" を参照してください。

ストレージクラスを設定してアプリケーションを導入すると、アプリケーションのクローンが失敗する

ストレージクラスを明示的に設定してアプリケーションをデプロイした後 ( たとえば、「 helm install…​-set global.storageClass=NetApp-cvs-perf-extreme 」 ) 、アプリケーションのクローンを作成しようとすると、ターゲットクラスタに最初に指定されたストレージクラスが必要になります。ストレージクラスを明示的に設定したアプリケーションを、同じストレージクラスを含まないクラスタにクローニングすると、失敗します。このシナリオではリカバリ手順はありません。

デフォルトの kubeconfig ファイルに複数のコンテキストが含まれている場合、 Astra Control Center を使用したクラスタの管理が失敗します

複数のクラスタおよびコンテキストで kubeconfig を使用することはできません。を参照してください "技術情報アーティクル" を参照してください。

Astra Trident がオフラインの場合、 Internal Service Error ( 500 )によりアプリケーションデータ管理処理が失敗する

アプリケーションクラスタの Astra Trident がオフラインになり(オンラインに戻った)、 500 件の内部サービスエラーが発生した場合に、アプリケーションデータ管理を試みると、アプリケーションクラスタ内のすべての Kubernetes ノードを再起動して機能を復旧します。

Snapshot コントローラバージョン 4.2.0 では、 Snapshot が失敗することがあります

Kubernetes 1.20 または 1.21 で Kubernetes snapshot-controller (別名 external-snapshotter )バージョン 4.2.0 を使用すると、 Snapshot が失敗することがあります。これを防ぐには、別のを使用してください "サポートされているバージョン" バージョン 4.2.1 などの外部 Snapshot データ。 Kubernetes バージョン 1.20 または 1.21 で使用。

  1. POST 呼び出しを実行して更新された kubeconfig ファイルを「 /credentials 」エンドポイントに追加し、応答本文から割り当てられた「 id 」を取得します。

  2. 適切なクラスタ ID を使用して '/clusters' エンドポイントから PUT 呼び出しを実行し 'credentialId' を前の手順の id' 値に設定します

これらの手順を完了すると、クラスタに関連付けられたクレデンシャルが更新され、クラスタは再接続して、その状態を「 available 」に更新する必要があります。