日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ヘルプを表示します

ネットアップでは、 Astra Control をさまざまな方法でサポートしています。ナレッジベース( KB )記事や Slack チャンネルなど、幅広いセルフサポートオプションを 24 時間 365 日ご利用いただけます。Astra Control アカウントには、 Web チケット発行によるリモートテクニカルサポートが含まれています。

重要 Astra Control Center の評価用ライセンスをお持ちの場合は、テクニカルサポートを受けることができます。ただし、ネットアップサポートサイト( NSS )でケースを作成することはできません。フィードバックオプションを通じてサポートに連絡するか、 Slack チャンネルを利用してセルフサービスで連絡できます。

最初に実行する必要があります "ネットアップのシリアル番号のサポートを有効にします" これらの非セルフサービスサポートオプションを使用するには、次の手順に従います。チャットや Web でのチケット発行、ケース管理には、ネットアップサポートサイト( NSS )の SSO アカウントが必要です。

セルフサポートオプション

メインメニューから * Support * タブを選択すると、 Astra Control Center UI からサポートオプションにアクセスできます。

次のオプションは、 24 時間 365 日無料で利用できます。

  • "* ナレッジベース * (ログインが必要)": Astra Control に関する記事、 FAQ 、またはトラブルシューティング情報を検索します。

  • * ドキュメントセンター * :現在表示しているドキュメントサイトです。

  • "* Slack * でヘルプを入手してください": thePub ワークスペースのコンテナチャネルに移動して、ピアやエキスパートと交流しましょう。

  • * サポートケースの作成 * :トラブルシューティングのためにネットアップサポートに提供するサポートバンドルを生成

  • * Astra Control についてのフィードバック * : astra.feedback@netapp.com に電子メールを送信して、あなたの考え、アイデア、懸念を知らせてください。

ネットアップサポートへのサポートバンドルの日次アップロードを有効にします

Astra Control Center のインストール時に、 Astra Control Center Custom Resource Definition ( CRD )ファイル(「 Astra_control_center_min.yaml 」)で「 AutoSupport 」に「 enroled:true 」を指定すると、毎日のサポートバンドルがに自動的にアップロードされます "ネットアップサポートサイト"

ネットアップサポートに提供するサポートバンドルを生成する

Astra Control Center を使用すると、管理者ユーザはバンドルを生成できます。バンドルには、ネットアップサポートに役立つログ、 Astra 環境のすべてのコンポーネントに対するイベント、管理対象のクラスタとアプリケーションに関する指標、トポロジ情報などが含まれます。インターネットに接続している場合は、ネットアップサポートサイト( NSS )に Astra Control Center の UI から直接サポートバンドルをアップロードすることができます。

注記 Astra Control Center がバンドルを生成するのにかかる時間は、 Astra Control Center のインストールのサイズと、要求されたサポートバンドルのパラメータによって異なります。サポートバンドルの生成要求時に指定した期間によって、バンドルの生成にかかる時間が決まります(たとえば、期間を短くするとバンドルの生成にかかる時間が短縮されます)。

NSS へのバンドルのアップロードにプロキシ接続が必要かどうかを確認します。プロキシ接続が必要な場合は、 Astra Control Center がプロキシサーバーを使用するように設定されていることを確認します。

  1. [ * アカウント * > * 接続 * ] を選択します。

  2. * 接続設定 * でプロキシ設定を確認します。

手順
  1. NSS ポータルで、 Astra Control Center UI の * Support * ページに記載されているライセンスシリアル番号を使用してケースを作成します。

  2. Astra Control Center UI を使用して、サポートバンドルを生成するには、次の手順を実行します。

    1. [ サポート * ( Support * ) ] ページの [ サポートバンドル( Support bundle ) ] タイルで、 [ * 生成( Generate ) ] を選択します。

    2. [* サポートバンドルの生成 * ( Generate a Support Bundle * ) ] ウィンドウで、期間を選択します。

      クイックタイムフレームまたはカスタムタイムフレームのいずれかを選択できます。

      注記 カスタムの日付範囲を選択したり、期間にカスタムの期間を指定したりできます。
    3. 選択したら、 * 確認 * を選択します。

    4. [ 生成時にネットアップサポートサイトにバンドルをアップロードする * ] チェックボックスをオンにします。

    5. [* バンドルの生成 * ] を選択します。

      サポートバンドルの準備が完了すると、アラート領域の * アカウント * > * 通知 * ページ、 * アクティビティ * ページ、および通知リストに通知が表示されます( UI の右上にあるアイコンを選択してアクセスできます)。

    生成が失敗した場合は、バンドルの生成ページにアイコンが表示されます。アイコンを選択すると、メッセージが表示されます。

ヒント UI の右上にある通知アイコンには、バンドルの作成に成功したタイミング、バンドルの作成に失敗したタイミング、バンドルをアップロードできなかったタイミング、バンドルをダウンロードできなかったタイミングなど、サポートバンドルに関連するイベントに関する情報が表示されます。

エアギャップ設置がある場合

エアギャップのある設置の場合は、サポートバンドルが生成されたあとに次の手順を実行します。バンドルがダウンロード可能になると、 [ サポート * ] ページの [ サポートバンドル * ] セクションの [ 生成 * ] の横に [ ダウンロード ] アイコンが表示されます。

手順
  1. ダウンロードアイコンを選択して、バンドルをローカルにダウンロードします。

  2. 手動で NSS にバンドルをアップロードします。

    これを行うには、次のいずれかの方法を使用します。

詳細については、こちらをご覧ください