日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Astra Control Center をアンインストールします

試用版からフルバージョンの製品にアップグレードする場合は、 Astra Control Center コンポーネントの削除が必要になることがあります。Astra Control Center と Astra Control Center Operator を削除するには、この手順で説明されているコマンドを順に実行します。

アンインストールに問題がある場合は、を参照してください [Troubleshooting uninstall issues]

必要なもの
  • Astra Control Center UI を使用して、すべての管理を解除します "クラスタ"

手順
  1. Astra Control Center を削除します。次のコマンド例は、デフォルトのインストールに基づいています。カスタム構成を作成した場合は、コマンドを変更します。

    kubectl delete -f astra_control_center_min.yaml -n netapp-acc

    結果

    astracontrolcenter.astra.netapp.io "astra" deleted
  2. 次のコマンドを使用して 'NetApp-acc' ネームスペースを削除します

    kubectl delete ns netapp-acc

    結果

    namespace "netapp-acc" deleted
  3. Astra Control Center オペレータシステムコンポーネントを削除するには、次のコマンドを使用します。

    kubectl delete -f astra_control_center_operator_deploy.yaml

    結果

    namespace "netapp-acc-operator" deleted
    customresourcedefinition.apiextensions.k8s.io "astracontrolcenters.astra.netapp.io" deleted
    role.rbac.authorization.k8s.io "acc-operator-leader-election-role" deleted
    clusterrole.rbac.authorization.k8s.io "acc-operator-manager-role" deleted
    clusterrole.rbac.authorization.k8s.io "acc-operator-metrics-reader" deleted
    clusterrole.rbac.authorization.k8s.io "acc-operator-proxy-role" deleted
    rolebinding.rbac.authorization.k8s.io "acc-operator-leader-election-rolebinding" deleted
    clusterrolebinding.rbac.authorization.k8s.io "acc-operator-manager-rolebinding" deleted
    clusterrolebinding.rbac.authorization.k8s.io "acc-operator-proxy-rolebinding" deleted
    configmap "acc-operator-manager-config" deleted
    service "acc-operator-controller-manager-metrics-service" deleted
    deployment.apps "acc-operator-controller-manager" deleted

アンインストールに関する問題のトラブルシューティング

Astra Control Center のアンインストールで発生した問題に対処するには、次の回避策を実行します。

Astra Control Center をアンインストールしても、管理対象クラスタで監視オペレータポッドがクリーンアップされない

Astra Control Center をアンインストールする前にクラスタの管理を解除していない場合は、次のコマンドを使用して、ネットアップ監視ネームスペースとネームスペース内のポッドを手動で削除できます。

手順
  1. 「 acc-monitoring 」エージェントを削除します。

    kubectl delete agents acc-monitoring -n netapp-monitoring

    結果

    agent.monitoring.netapp.com "acc-monitoring" deleted
  2. ネームスペースを削除します。

    kubectl delete ns netapp-monitoring

    結果

    namespace "netapp-monitoring" deleted
  3. リソースの削除を確認します。

    kubectl get pods -n netapp-monitoring

    結果

    No resources found in netapp-monitoring namespace.
  4. 監視エージェントが削除されたことを確認:

    kubectl get crd|grep agent

    サンプル結果:

    agents.monitoring.netapp.com                     2021-07-21T06:08:13Z
  5. カスタムリソース定義( CRD )情報の削除:

    kubectl delete crds agents.monitoring.netapp.com

    結果

    customresourcedefinition.apiextensions.k8s.io "agents.monitoring.netapp.com" deleted

Astra Control Center をアンインストールしても、 Traefik CRD をクリーンアップできない

Traefik CRD を手動で削除できます。CRD はグローバルリソースであり、削除するとクラスタ上の他のアプリケーションに影響を与える可能性があります。

手順
  1. クラスタにインストールされている Traefik CRD を表示します。

    kubectl get crds |grep -E 'traefik'

    応答

    ingressroutes.traefik.containo.us             2021-06-23T23:29:11Z
    ingressroutetcps.traefik.containo.us          2021-06-23T23:29:11Z
    ingressrouteudps.traefik.containo.us          2021-06-23T23:29:12Z
    middlewares.traefik.containo.us               2021-06-23T23:29:12Z
    middlewaretcps.traefik.containo.us            2021-06-23T23:29:12Z
    serverstransports.traefik.containo.us         2021-06-23T23:29:13Z
    tlsoptions.traefik.containo.us                2021-06-23T23:29:13Z
    tlsstores.traefik.containo.us                 2021-06-23T23:29:14Z
    traefikservices.traefik.containo.us           2021-06-23T23:29:15Z
  2. CRD を削除します。

    kubectl delete crd ingressroutes.traefik.containo.us ingressroutetcps.traefik.containo.us ingressrouteudps.traefik.containo.us middlewares.traefik.containo.us serverstransports.traefik.containo.us tlsoptions.traefik.containo.us tlsstores.traefik.containo.us traefikservices.traefik.containo.us middlewaretcps.traefik.containo.us

詳細については、こちらをご覧ください