Skip to main content
すべてのクラウドプロバイダ
  • Amazon Web Services の
  • Google Cloud
  • Microsoft Azure
  • すべてのクラウドプロバイダ
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

BlueXPのバックアップとリカバリの最新情報

共同作成者 RSS

BlueXPのバックアップとリカバリの新機能をご紹介します。

2024年4月4日

ランサムウェアスキャンを有効または無効にする機能

以前は、バックアップポリシーでランサムウェアの検出を有効にすると、最初のバックアップの作成時とバックアップのリストア時に自動的にスキャンが実行されていました。以前はすべてのSnapshotコピーがスキャンされており、スキャンを無効にすることはできませんでした。

このリリースでは、[Advanced Settings]ページのオプションを使用して、最新のSnapshotコピーに対するランサムウェアスキャンを有効または無効にできるようになりました。有効にすると、スキャンはデフォルトで毎週実行されます。このスケジュールを数日または数週間に変更したり、無効にしたりすることで、コストを節約できます。

詳細については、次の情報を参照してください。

2024年3月12日

クラウドバックアップからオンプレミスのONTAPボリュームへの「迅速なリストア」が可能

クラウドストレージからオンプレミスのONTAPデスティネーションボリュームへのボリュームの_クイックリストア_を実行できるようになりました。以前は、Cloud Volumes ONTAPシステムにのみクイックリストアを実行できました。迅速なリストアは、ボリュームへのアクセスをできるだけ早く提供する必要があるディザスタリカバリ環境に最適です。迅速なリストアは、フルボリュームリストアよりもはるかに高速です。クラウドSnapshotからONTAPデスティネーションボリュームにメタデータをリストアします。ソースは、AWS S3、Azure Blob、Google Cloud Services、NetApp StorageGRIDのいずれかです。

オンプレミスのONTAPデスティネーションシステムでONTAPバージョン9.14.1以降が実行されている必要があります。

これは、検索とリストアのプロセスではなく、参照とリストアのプロセスを使用して実行できます。

詳細については、を参照してください "バックアップファイルからONTAPデータを復元します"

Snapshotコピーとレプリケーションコピーからファイルとフォルダをリストアする機能

以前は、AWS、Azure、Google Cloud Servicesのバックアップコピーからのみファイルとフォルダをリストアできました。ローカルSnapshotコピーとレプリケーションコピーからファイルとフォルダをリストアできるようになりました。

この機能は、参照とリストアのプロセスではなく、検索とリストアのプロセスを使用して実行できます。

2024年2月1日

仮想マシンのBlueXPバックアップとリカバリの機能拡張

  • 代替保存場所への仮想マシンのリストアのサポート

  • データストアの保護解除のサポート

2023年12月15日

ローカルSnapshotコピーとレプリケーションSnapshotコピーで使用できるレポート

以前は、バックアップコピーに関するレポートのみを生成できました。ローカルSnapshotコピーとレプリケーションSnapshotコピーに関するレポートも作成できるようになりました。

これらのレポートでは、次の操作を実行できます。

  • 重要なデータが組織のポリシーに従って保護されていることを確認します。

  • ボリュームグループのバックアップがスムーズに実行されたことを確認します。

  • 本番環境のデータに対する保護の証明を提供

ボリュームで並べ替えとフィルタリングに使用できるカスタムタグ付け

ONTAP 9.13.1以降では、カスタムタグをボリュームに追加できるようになりました。これにより、複数の作業環境内および複数の作業環境間でボリュームをグループ化できます。これにより、BlueXPのバックアップとリカバリのUIページでボリュームをソートしたり、レポートでフィルタリングしたりできます。

30日間保持されるバックアップをカタログ化

以前は、Catalog.zipのバックアップは7日間保持されていました。現在、それらは30日間保持されます。

2023年10月23日

バックアップのアクティブ化中の3-2-1バックアップポリシーの作成

これまでは、Snapshot、レプリケーション、またはバックアップを開始する前にカスタムポリシーを作成する必要がありました。BlueXPのバックアップとリカバリのUIを使用して、バックアップのアクティブ化プロセスでポリシーを作成できるようになりました。

ONTAPボリュームのオンデマンドのクイックリストアのサポート

BlueXPでは、クラウドストレージからCloud Volumes ONTAPシステムへボリュームの「クイックリストア」を実行できるようになりました。迅速なリストアは、ボリュームへのアクセスをできるだけ早く提供する必要があるディザスタリカバリ環境に最適です。クイックリストアでは、バックアップファイル全体をリストアするのではなく、バックアップファイルからボリュームにメタデータをリストアできます。

Cloud Volumes ONTAPデスティネーションシステムでONTAPバージョン9.13.0以降が実行されている必要があります。 "データのリストアに関する詳細情報"

BlueXPのバックアップとリカバリのジョブモニタには、クイックリストアジョブの進捗状況も表示されます。

ジョブモニタでのスケジュール済みジョブのサポート

BlueXPのバックアップおよびリカバリジョブモニタでは、以前にスケジュールされたボリュームからオブジェクトストアへのバックアップおよびリストアジョブを監視しましたが、UIまたはAPIを使用してスケジュールされたローカルのSnapshot、レプリケーション、バックアップ、およびリストアジョブは監視しません。

BlueXPのバックアップとリカバリのジョブモニタに、ローカルのSnapshot、レプリケーション、オブジェクトストレージへのバックアップに関するスケジュール済みジョブが追加されました。

2023年10月13日

BlueXPのアプリケーション向けバックアップとリカバリの機能拡張(クラウドネイティブ)

  • Microsoft SQL Serverデータベース

    • Amazon FSx for NetApp ONTAP上にあるMicrosoft SQL Serverデータベースのバックアップ、リストア、リカバリをサポート

    • すべての処理がREST APIでのみサポートされます。

  • SAP HANAシステム

    • システムの更新時に、スクリプトではなくワークフローを使用してボリュームの自動マウントおよびアンマウントが実行されます。

    • 追加、削除、編集、削除、保守、 UIヲシヨウシタフラクインホストノアツフクレエト

アプリケーション向けのBlueXPのバックアップとリカバリの機能拡張(ハイブリッド)

  • データロックとランサムウェア対策をサポート

  • StorageGRIDからアーカイブ階層へのバックアップの移動をサポート

  • MongoDB、MySQL、PostgreSQLの各アプリケーションデータをオンプレミスのONTAPシステムからAmazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud Platform、StorageGRIDにバックアップできます。必要に応じてデータをリストアできます。

仮想マシンのBlueXPバックアップとリカバリの機能拡張

  • コネクタプロキシ配置モデルのサポート

2023年9月11日

ONTAPデータの新しいポリシー管理

このリリースには、UI内で、ONTAPデータのオブジェクトストレージへのバックアップ用のカスタムSnapshotポリシー、レプリケーションポリシー、およびポリシーを作成する機能が含まれています。

ONTAP S3オブジェクトストレージ内のボリュームからのファイルとフォルダのリストアのサポート

これまでは、ボリュームがONTAP S3オブジェクトストレージにバックアップされている場合、[Browse & Restore]機能を使用してファイルやフォルダをリストアすることはできませんでした。このリリースでは、この制限はなくなりました。

最初に標準ストレージに書き込むのではなく、バックアップデータを即座にアーカイブ可能

これで、データを標準のクラウドストレージに書き込む代わりに、バックアップファイルをすぐにアーカイブストレージに送信できます。これは、クラウドバックアップからデータにアクセスする必要がほとんどないユーザや、テープバックアップ環境に取って代わるユーザに特に役立ちます。

SnapLockボリュームのバックアップとリストアのサポートの追加

バックアップとリカバリで、SnapLockコンプライアンスまたはSnapLockエンタープライズ保護モードを使用して設定されたFlexVolボリュームとFlexGroupボリュームの両方をバックアップできるようになりました。このサポートを実行するには、クラスタでONTAP 9.14以降が実行されている必要があります。ONTAPバージョン9.11.1以降では、SnapLock Enterpriseモードを使用したFlexVolボリュームのバックアップがサポートされています。以前のONTAPリリースでは、SnapLock保護ボリュームのバックアップはサポートされません。

2023年8月1日

重要
  • 重要なセキュリティ強化のため、パブリッククラウド環境内のバックアップとリカバリのリソースを管理するために、Connectorに追加のエンドポイントへのアウトバウンドインターネットアクセスが必要になりました。このエンドポイントがファイアウォールの[Allowed]リストに追加されていない場合は、UIに「Service Unavailable」または「Failed to determine service status」というエラーが表示されます。

    https://netapp-cloud-account.auth0.com

  • Cloud Volumes ONTAPとBlueXPのバックアップとリカバリをバンドルできる「CVO Professional」パッケージを使用する場合、バックアップとリカバリのPAYGOサブスクリプションが必要になりました。これは以前は必要ありませんでした。対象となるCloud Volumes ONTAPシステムのバックアップとリカバリのサブスクリプション料金は発生しませんが、新しいボリュームでバックアップを設定する場合は必要です。

S3に設定されたONTAPシステムでバケットへのボリュームのバックアップがサポートされるようになりました。

Simple Storage Service(S3)用に設定されたONTAPシステムを使用して、オブジェクトストレージにボリュームをバックアップできるようになりました。これは、オンプレミスのONTAPシステムとCloud Volumes ONTAPシステムの両方でサポートされます。この構成は、クラウド環境およびインターネットアクセスのないオンプレミス環境(「プライベート」モード展開)でサポートされます。

保護対象ボリュームの既存のSnapshotをバックアップファイルに含めることができるようになりました。

これまでは、(最新のSnapshotコピーから始めるのではなく)最初のバックアップファイルに読み書き可能ボリュームの既存のSnapshotコピーを含めることができました。読み取り専用ボリューム(データ保護ボリューム)の既存のSnapshotコピーがバックアップファイルに含まれていませんでした。「DP」ボリュームのバックアップファイルに古いSnapshotコピーを含めるように選択できるようになりました。

バックアップウィザードの最後に、これらの「既存のSnapshot」を選択するためのプロンプトが表示されます。

BlueXPのバックアップとリカバリでは、今後追加されるボリュームの自動バックアップはサポートされなくなります。

これまでは、バックアップウィザードのチェックボックスをオンにして、選択したバックアップポリシーをクラスタに追加するすべてのボリュームに適用できました。この機能は、ユーザーからのフィードバックとこの機能の使用不足に基づいて削除されました。クラスタに追加された新しいボリュームのバックアップは、手動で有効にする必要があります。

ジョブ監視ページが更新され、新機能が追加されました。

[Job Monitoring]ページに、3-2-1バックアップ戦略に関する詳細情報が表示されるようになりました。また、バックアップ戦略に関連する追加のアラート通知も提供されます。

[Backup lifecycle(バックアップライフサイクル)]タイプフィルタの名前が[Retention(保持)]に変更されました。このフィルタを使用して、バックアップのライフサイクルを追跡し、すべてのバックアップコピーの有効期限を特定します。「保持」ジョブタイプには、BlueXPのバックアップとリカバリで保護されているボリュームで開始されたSnapshot削除ジョブがすべてキャプチャされます。

2023年7月6日

BlueXPのバックアップとリカバリに、Snapshotコピーとレプリケートされたボリュームのスケジュール設定と作成が追加されました

BlueXPのバックアップとリカバリでは、3-2-1戦略を実装できるようになりました。この戦略では、ソースデータのコピーを2つのストレージシステムに3つ、クラウドに1つ配置できます。アクティベーションが完了すると、次のような状態になります。

  • ソースシステム上のボリュームのSnapshotコピー

  • 別のストレージシステムにレプリケートされたボリューム

  • オブジェクトストレージ内のボリュームのバックアップ

この新機能は、環境リカバリ処理にも対応しています。リストア処理は、Snapshotコピー、レプリケートされたボリューム、またはクラウド内のバックアップファイルから実行できます。これにより、リカバリのコストや速度など、リカバリ要件を満たすバックアップファイルを柔軟に選択できます。

この新機能とユーザインターフェイスは、ONTAP 9.8以降を実行するクラスタでのみサポートされます。クラスタに以前のバージョンのソフトウェアがインストールされている場合は、以前のバージョンのBlueXPバックアップとリカバリを引き続き使用できます。ただし、最新の機能を利用するには、サポートされているバージョンのONTAPにアップグレードすることを推奨します。古いバージョンのソフトウェアを引き続き使用するには、次の手順に従います。

  1. [* Volumes (ボリューム) ] タブで、 [* Backup Settings (バックアップ設定) ] を選択します。

  2. [_Backup Settings]ページで、*[Display the previous BlueXP backup and recovery version]*のラジオボタンをクリックします。

    その後、以前のバージョンのソフトウェアを使用して古いクラスタを管理できます。

オブジェクトストレージにバックアップするためのストレージコンテナを作成できます

オブジェクトストレージにバックアップファイルを作成すると、デフォルトでは、バックアップおよびリカバリサービスによってオブジェクトストレージにバケットが作成されます。特定の名前を使用したり、特殊なプロパティを割り当てたりする場合は、バケットを自分で作成できます。独自のバケットを作成する場合は、アクティブ化ウィザードを開始する前にバケットを作成する必要があります。 "オブジェクトストレージバケットの作成方法について説明します"

この機能は、StorageGRIDシステムにバックアップファイルを作成する場合は現在サポートされていません。

2023年7月4日

BlueXPのアプリケーション向けバックアップとリカバリの機能拡張(クラウドネイティブ)

  • SAP HANAシステム

    • Azure NetApp Filesセカンダリ保護が有効な非データボリュームおよびグローバル非データボリュームの接続とコピーリストアをサポートします

  • Oracleデータベース

    • Azure NetApp Files上のOracleデータベースを別の場所にリストアできます

    • Azure NetApp Files上のOracleデータベースのバックアップのOracle Recovery Manager(RMAN)カタログ化をサポートします

    • データベースホストをメンテナンスモードにしてメンテナンスタスクを実行できます

アプリケーション向けのBlueXPのバックアップとリカバリの機能拡張(ハイブリッド)

  • 別の場所へのリストアをサポートします

  • Oracleデータベースのバックアップをマウントできます

  • GCPからアーカイブ層へのバックアップの移動をサポートします

BlueXPの仮想マシンのバックアップとリカバリの機能拡張(ハイブリッド)

  • NFSおよびVMFSタイプのデータストアの保護をサポートします

  • SnapCenter Plug-in for VMware vSphereホストの登録を解除できます

  • 最新のデータストアとバックアップの更新と検出がサポートされます

2023年6月5日

FlexGroupボリュームは、DataLockとランサムウェア対策を使用してバックアップおよび保護できます

クラスタでONTAP 9.13.1以降が実行されている場合、FlexGroupボリュームのバックアップポリシーでDataLockとランサムウェア対策を使用できるようになりました。

新しいレポート機能

[Reports]タブでバックアップインベントリレポートを生成できるようになりました。このレポートには、特定のアカウント、作業環境、またはSVMインベントリのすべてのバックアップが含まれます。Data Protection Job Activityレポートを作成することもできます。このレポートには、Snapshot、バックアップ、クローニング、およびリストアの各処理に関する情報が表示され、サービスレベルアグリーメントの監視に役立ちます。を参照してください "データ保護の適用範囲に関するレポートを作成します"

ジョブモニタの機能拡張

[Job Monitor]ページで、_backup lifecycle_をジョブタイプとして確認できるようになりました。これにより、バックアップライフサイクル全体を追跡できます。BlueXPタイムラインでは、すべての処理の詳細を確認することもできます。を参照してください "バックアップジョブとリストアジョブのステータスを監視します"

一致しないポリシーラベルに関する追加の通知アラート

新しいバックアップアラート「Backup files were not created because Snapshot policy labels do not match」が追加されました。バックアップポリシーで定義された_label_inにSnapshotポリシーにmatching_label_inがない場合、バックアップファイルは作成されません。欠落しているラベルをボリュームSnapshotポリシーに追加するには、System ManagerまたはONTAP CLIを使用する必要があります。

ダークサイトのBlueXPの重要なバックアップファイルとリカバリファイルを自動でバックアップ

インターネットアクセスのないサイト(「プライベートモード」環境)でBlueXPのバックアップとリカバリを使用している場合、BlueXPのバックアップとリカバリの情報はローカルコネクタシステムにのみ格納されます。この新機能では、BlueXPの重要なバックアップ/リカバリデータが接続されたStorageGRIDシステムのバケットに自動的にバックアップされるため、必要に応じてこのデータを新しいコネクタにリストアできます。 "詳細はこちら。"

2023年5月8日

アーカイブストレージとロックされたバックアップでフォルダレベルのリストア処理がサポートされるようになりました

バックアップファイルにDataLockおよびRansomware保護が設定されている場合、またはバックアップファイルがアーカイブストレージにある場合、クラスタでONTAP 9.13.1以降が実行されている場合にフォルダレベルのリストア処理がサポートされるようになりました。

ボリュームをGoogle Cloudにバックアップするときは、リージョン間およびプロジェクト間でお客様が管理するキーがサポートされます

顧客管理暗号化キー(CMEK)のプロジェクトとは別のプロジェクトにあるバケットを選択できるようになりました。 "お客様が管理する独自の暗号化キーの設定の詳細については、こちらをご覧ください"

バックアップファイルでAWS Chinaリージョンがサポートされるようになりました

クラスタでONTAP 9.12.1以降が実行されている場合、AWS China Beijing(cn-north-1)リージョンとNingxia(cn-northwest-1)リージョンがバックアップファイルのデスティネーションとしてサポートされるようになりました。

BlueXPコネクタに割り当てるIAMポリシーでは、all_Resource_sectionsの下にあるAWSリソース名「arn」を「aws」から「aws-cn」に変更する必要があります(例:「arn:aws-cn:s3:::netapp-backup-*」)。を参照してください "Amazon S3 への Cloud Volumes ONTAP データのバックアップ" および "オンプレミスのONTAP データをAmazon S3にバックアップします" を参照してください。

ジョブモニタの機能拡張

ONTAP 9.13.1以降を実行しているオンプレミスのONTAP システムで、システム開始ジョブ(進行中のバックアップ処理など)を*[ジョブ監視]*タブで確認できるようになりました。以前のバージョンのONTAP では、ユーザが開始したジョブのみが表示されます。

2023年4月14日

BlueXPのアプリケーション向けバックアップとリカバリの機能拡張(クラウドネイティブ)

  • SAP HANAデータベース

    • スクリプトベースのシステム更新をサポートします

    • Azure NetApp Files バックアップが設定されている場合は、Single-File-Snapshot-Restoreがサポートされます

    • プラグインのアップグレードをサポートします

  • Oracleデータベース

    • root以外のsudoユーザ設定が簡易化され、プラグインの導入が強化されました

    • プラグインのアップグレードをサポートします

    • Azure NetApp Files 上のOracleデータベースの自動検出とポリシーベースの保護をサポートします

    • きめ細かなリカバリにより、Oracleデータベースを元の場所にリストアできます

アプリケーション向けのBlueXPのバックアップとリカバリの機能拡張(ハイブリッド)

  • アプリケーション(ハイブリッド)向けのBlueXPのバックアップとリカバリは、SaaSコントロールプレーンから実行されます

  • ハイブリッドREST APIが変更され、クラウドネイティブAPIと連携するようになりました。

  • Eメール通知をサポートします

2023年4月4日

「制限付き」モードでCloud Volumes ONTAP システムからクラウドにデータをバックアップする機能

これで、AWS、Azure、GCPの商用リージョンにインストールされているCloud Volumes ONTAP システムのデータを「制限モード」でバックアップできるようになりました。これを行うには、まず「制限された」商業地域にコネクタをインストールする必要があります。 "BlueXPの導入モードの詳細については、こちらをご覧ください"。を参照してください "Amazon S3 への Cloud Volumes ONTAP データのバックアップ" および "Cloud Volumes ONTAP データをAzure Blobにバックアップしています"

APIを使用して、オンプレミスのONTAP ボリュームをONTAP S3にバックアップする機能

APIの新機能を使用して、BlueXPのバックアップとリカバリを使用してボリュームSnapshotをONTAP S3にバックアップできます。この機能は、現時点ではオンプレミスのONTAP システムでのみ使用できます。詳細な手順については、ブログを参照してください "デスティネーションとしてのONTAP S3との統合"

Azureストレージアカウントのゾーン冗長性の側面をLRSからZRSに変更する機能

Cloud Volumes ONTAP システムからAzureストレージへのバックアップを作成する場合、BlueXPのバックアップとリカバリでは、コスト最適化のためにローカル冗長性(LRS)を使用してBlobコンテナがデフォルトでプロビジョニングされます。異なるゾーン間でデータを複製する場合は、この設定をZone redundancy(ZRS)に変更できます。Microsoftの手順を参照してください "ストレージアカウントの複製方法の変更"

ジョブモニタの機能拡張

  • ONTAP 9.13.0以降を実行しているCloud Volumes ONTAP システムでは、BlueXPのバックアップ/リカバリのUIとAPIでユーザが開始したバックアップ処理とリストア処理と、システムが開始したジョブ(進行中のバックアップ処理など)が[ジョブ監視]タブで利用できるようになりました。以前のバージョンのONTAP では、ユーザが開始したジョブのみが表示されます。

  • すべてのジョブをレポートするためのCSVファイルをダウンロードできるほか、単一のジョブのJSONファイルをダウンロードして詳細を確認できるようになりました。 "詳細はこちら。"

  • 「Scheduled job failure」と「Restore job completes but with warnings」という2つの新しいバックアップジョブアラートが追加されました。 "BlueXPのバックアップとリカバリから送信されるアラートをすべて確認します"

2023年3月9日

フォルダレベルのリストア処理に、すべてのサブフォルダとファイルが含まれるようになりました

以前は、フォルダをリストアしたときに、そのフォルダのファイルのみがリストアされました。サブフォルダやサブフォルダ内のファイルはリストアされませんでした。ONTAP 9.13.0以降を使用している場合は、選択したフォルダ内のすべてのサブフォルダとファイルが復元されます。これにより、トップレベルフォルダに複数のフォルダがネストされている場合に、時間とコストを大幅に節約できます。

アウトバウンド接続が制限されているサイトのCloud Volumes ONTAPシステムからデータをバックアップする機能

AWSおよびAzureの商用リージョンにインストールされているCloud Volumes ONTAP システムから、Amazon S3またはAzure Blobにデータをバックアップできるようになりました。これには、商用地域のLinuxホストに「制限モード」でコネクタをインストールし、そこにCloud Volumes ONTAPシステムを展開する必要があります。を参照してください "Amazon S3 への Cloud Volumes ONTAP データのバックアップ" および "Cloud Volumes ONTAP データをAzure Blobにバックアップしています"

ジョブモニタに複数の機能拡張が追加されました

  • [Job Monitoring]ページには高度なフィルタリング機能が追加され、時間、ワークロード(ボリューム、アプリケーション、仮想マシン、またはKubernetes)ごとにバックアップジョブとリストアジョブを検索できるようになりました。 ジョブタイプ、ステータス、作業環境、およびStorage VM。任意のリソース(「application_3」など)を検索するフリーテキストを入力することもできます。 "詳細フィルタの使用方法を参照してください"

  • ONTAP 9.13.0以降を実行しているCloud Volumes ONTAP システムでは、BlueXPのバックアップ/リカバリのUIとAPIでユーザが開始したバックアップ処理とリストア処理と、システムが開始したジョブ(進行中のバックアップ処理など)が[ジョブ監視]タブで利用できるようになりました。以前のバージョンのCloud Volumes ONTAP システムおよびオンプレミスのONTAP システムでは、現時点ではユーザが開始したジョブのみが表示されます。

2023年2月6日

古いバックアップファイルをStorageGRID システムからAzureアーカイブストレージに移動する機能

これで、古いバックアップファイルをStorageGRID システムからAzureのアーカイブストレージに階層化できるようになりました。これにより、StorageGRID システムのスペースを解放し、古いバックアップファイルには低コストのストレージクラスを使用することでコストを削減できます。

この機能は、オンプレミスクラスタがONTAP 9.12.1以降を使用し、StorageGRID システムが11.4以降を使用している場合に使用できます。 "詳細はこちらをご覧ください"

DataLockとRansomwareによる保護は、Azure Blobでのバックアップファイルに対して設定できます

DataLockとRansomware Protectionは、Azure Blobに保存されたバックアップファイルでサポートされるようになりました。Cloud Volumes ONTAP またはオンプレミスONTAP システムでONTAP 9.12.1以降を実行している場合、バックアップファイルをロックしてスキャンし、ランサムウェアの可能性を検出できるようになりました。 "DataLockとランサムウェア防御を使用してバックアップを保護する方法については、こちらをご覧ください"

FlexGroup ボリュームのバックアップとリストアの機能拡張

  • FlexGroup ボリュームのリストア時に複数のアグリゲートを選択できるようになりました。前回のリリースでは、アグリゲートを1つしか選択できませんでした。

  • FlexGroup ボリュームリストアがCloud Volumes ONTAP システムでサポートされるようになりました。前回のリリースでは、オンプレミスのONTAP システムにのみリストアできました。

Cloud Volumes ONTAP システムでは、古いバックアップをGoogleアーカイブストレージに移動できます

バックアップファイルは、最初にGoogle Standardストレージクラスで作成されます。BlueXPのバックアップとリカバリ機能を使用して、古いバックアップをGoogleアーカイブストレージに階層化し、コストをさらに最適化できるようになりました。前回のリリースでは、オンプレミスのONTAP クラスタでのみこの機能がサポートされていました。現在Google Cloudに導入されているCloud Volumes ONTAP システムがサポートされています。

ボリュームリストア処理で、ボリュームデータをリストアするSVMを選択できるようになりました

次に、ONTAP クラスタ内の別のStorage VMにボリュームデータをリストアします。これまでは、Storage VMを選択できませんでした。

MetroCluster 構成でのボリュームのサポートが強化されました

ONTAP 9.12.1 GA以降を使用している場合、MetroCluster 構成でプライマリシステムに接続しているときにバックアップがサポートされるようになりました。バックアップ構成全体がセカンダリシステムに転送されるため、スイッチオーバー後もクラウドへのバックアップが自動的に続行されます。

2023年1月9日

StorageGRID システムからAWS S3アーカイブストレージに古いバックアップファイルを移動する機能

これにより、StorageGRID システムの古いバックアップファイルをAWS S3のアーカイブストレージに階層化できるようになりました。これにより、StorageGRID システムのスペースを解放し、古いバックアップファイルには低コストのストレージクラスを使用することでコストを削減できます。AWS S3 GlacierまたはS3 Glacier Deep Archiveストレージにバックアップを階層化することもできます。

この機能は、オンプレミスクラスタでONTAP 9.12.1以降を使用し、StorageGRID システムで11.3以上を使用している場合に使用できます。 "詳細はこちらをご覧ください"

Google Cloudのデータ暗号化に、お客様が管理する独自のキーを選択できます

ONTAP システムからGoogle Cloud Storageにデータをバックアップする際に、Googleが管理するデフォルトの暗号化キーを使用する代わりに、アクティベーションウィザードで、お客様が管理する独自のキーを選択してデータを暗号化できるようになりました。まずGoogleでお客様が管理する暗号化キーを設定し、BlueXPのバックアップとリカバリをアクティブ化する際に詳細を入力するだけです。

「ストレージ管理者」ロールは、サービスアカウントがGoogle Cloud Storageでバックアップを作成するために必要なくなりました

以前のリリースでは、BlueXPのバックアップとリカバリでGoogle Cloud Storageバケットにアクセスするためのサービスアカウントに「Storage Admin」ロールが必要でした。これで、一連の権限を減らしてサービスアカウントに割り当てるカスタムロールを作成できるようになりました。 "Google Cloud Storageでバックアップを準備する方法をご覧ください"

インターネットにアクセスできないサイトで検索とリストアを使用してデータをリストアする機能がサポートされるようになりました

インターネットアクセスのないサイト(ダークサイトまたはオフラインサイトとも呼ばれます)のオンプレミスのONTAP クラスタからStorageGRID にデータをバックアップする場合は、必要に応じて検索とリストアのオプションを使用してデータをリストアできるようになりました。この機能を使用するには、BlueXPコネクタ(バージョン3.9.25以上)がオフラインサイトに配置されている必要があります。

ジョブ監視結果ページを.csvレポートとしてダウンロードできるようになりました

[ジョブ監視]ページをフィルタリングして、必要なジョブとアクションを表示したら、そのデータの.csvファイルを生成してダウンロードできるようになりました。次に、情報を分析したり、組織内の他のユーザーにレポートを送信したりできます。 "「ジョブ監視レポートを生成する方法」を参照してください"

2022年12月19日

Cloud Backup for Applicationsの機能強化

  • SAP HANAデータベース

    • Azure NetApp Files 上にあるSAP HANAデータベースのポリシーベースのバックアップとリストアをサポートします

    • カスタムポリシーをサポート

  • Oracleデータベース

    • ホストを追加してプラグインを自動的に導入

    • カスタムポリシーをサポート

    • Cloud Volumes ONTAP 上にあるOracleデータベースのポリシーベースのバックアップ、リストア、およびクローニングをサポートします

    • Amazon FSX for NetApp ONTAP 上に存在するOracleデータベースのポリシーベースのバックアップおよびリストアをサポートします

    • Connect and Copy方式を使用したOracleデータベースのリストアをサポートします

    • Oracle 21cをサポートします

    • クラウドネイティブのOracleデータベースのクローニングをサポート

Cloud Backup for Virtual Machinesの機能拡張

  • 仮想マシン

    • オンプレミスのセカンダリストレージから仮想マシンをバックアップ

    • カスタムポリシーをサポート

    • では、Google Cloud Platform(GCP)をサポートしており、1つ以上のデータストアのバックアップに使用できます

    • Glacier、Deep Glacier、Azure Archiveなどの低コストのクラウドストレージをサポートします

2022年12月6日

必須コネクターアウトバウンドインターネットアクセスエンドポイントの変更

Cloud Backupの処理が変更されたため、クラウドバックアップの処理を成功させるには、次のコネクタエンドポイントを変更する必要があります。

古いエンドポイント 新しいエンドポイント

\ https://cloudmanager.cloud.netapp.com

\ https://api.bluexp.netapp.com

\ https://*.cloudmanager.cloud.netapp.com

\ https://*.api.bluexp.netapp.com

のすべてのエンドポイントのリストを参照してください "AWS""Google Cloud"または "Azure" クラウド環境:

UIでのGoogleアーカイブストレージクラスの選択がサポートされます

バックアップファイルは、最初にGoogle Standardストレージクラスで作成されます。Cloud Backup UIを使用して、特定の日数が経過した古いバックアップをGoogle Archiveストレージに階層化し、コストをさらに最適化できるようになりました。

この機能は、現在、ONTAP 9.12.1以降を使用するオンプレミスONTAP クラスタでサポートされています。現在、Cloud Volumes ONTAP システムでは使用できません。

FlexGroup ボリュームのサポート

Cloud BackupでFlexGroup ボリュームのバックアップとリストアがサポートされるようになりました。ONTAP 9.12.1以降を使用している場合は、FlexGroup ボリュームをパブリッククラウドストレージとプライベートクラウドストレージにバックアップできます。FlexVol ボリュームとFlexGroup ボリュームが含まれる作業環境がある場合、ONTAP ソフトウェアを更新すると、それらのシステム上の任意のFlexGroup をバックアップできます。

バックアップのデータをCloud Volumes ONTAP システムの特定のアグリゲートにリストアする機能

以前のリリースでは、データをオンプレミスのONTAP システムにリストアする場合にのみアグリゲートを選択できました。この機能は、Cloud Volumes ONTAP システムにデータをリストアする場合に使用できるようになりました。

2022年11月2日

古いSnapshotコピーをベースラインバックアップファイルにエクスポートできるようになりました

バックアップスケジュールのラベル(日単位、週単位など)に一致するボリュームのローカルSnapshotコピーが作業環境にある場合は、それらの履歴Snapshotをバックアップファイルとしてオブジェクトストレージにエクスポートできます。これにより、古いSnapshotコピーをベースラインバックアップコピーに移動することで、クラウドでバックアップを初期化できます。

このオプションは、作業環境でCloud Backupをアクティブ化する場合に使用できます。この設定は、あとでで変更することもできます "[詳細設定ページ"]。

これで、ソースシステムで不要になったボリュームのアーカイブにCloud Backupを使用できるようになります

これで、ボリュームのバックアップ関係を削除できるようになります。これにより、新しいバックアップファイルの作成を停止してソースボリュームを削除し、既存のすべてのバックアップファイルを保持する場合に、アーカイブメカニズムを実現できます。これにより、必要に応じて、あとでソースストレージシステムからスペースを消去しながら、バックアップファイルからボリュームをリストアできるようになります。 "詳細をご確認ください"

Cloud BackupのアラートをEメールおよび通知センターで受信するためのサポートが追加されました

Cloud Backupは、BlueXP Notificationサービスに統合されています。Cloud Backup通知を表示するには、BlueXPメニューバーの通知ベルをクリックします。また、システムにログインしていないときでも重要なシステムアクティビティを通知できるように、メールで通知を送信するようにBlueXPを構成することもできます。このEメールは、バックアップとリストアのアクティビティに注意する必要があるすべての受信者に送信できます。 "詳細をご確認ください"

新しいAdvanced Settingsページでは、クラスタレベルのバックアップ設定を変更できます

この新しいページでは、ONTAP システムごとにクラウドバックアップをアクティブ化するときに設定したクラスタレベルのバックアップ設定の多くを変更できます。「デフォルト」バックアップ設定として適用される一部の設定を変更することもできます。変更可能なバックアップ設定の完全なセットは、次のとおりです。

  • ONTAP システムにオブジェクトストレージへのアクセス権を付与するストレージキー

  • バックアップをオブジェクトストレージにアップロードするために割り当てられるネットワーク帯域幅

  • 以降のボリュームの自動バックアップ設定(およびポリシー)

  • アーカイブストレージクラス(AWSのみ)

  • Snapshotコピーの履歴が最初のベースラインバックアップファイルに含まれているかどうか

  • ソースシステムから「年次」スナップショットを削除するかどうか

  • オブジェクトストレージに接続されているONTAP IPspace(アクティブ化時に誤って選択された場合)

オンプレミスコネクタを使用している場合に、検索とリストアを使用してバックアップファイルをリストアできるようになりました

以前のリリースでは、Connectorをオンプレミスに導入すると、バックアップファイルをパブリッククラウドに作成するためのサポートが追加されていました。このリリースでは、Connectorがオンプレミスに導入されている場合、Search & Restoreを使用してAmazon S3またはAzure Blobからバックアップをリストアできるようになりました。検索とリストアでは、StorageGRID システムからオンプレミスのONTAP システムへのバックアップのリストアもサポートされています。

現時点では、Google Cloud Storageからバックアップをリストアするために検索とリストアを使用する場合、ConnectorをGoogle Cloud Platformに導入する必要があります。

ジョブ監視ページが更新されました

には、次の更新が行われています "ジョブ監視ページ"

  • 「ワークロード」の列を使用して、ページをフィルタして、ボリューム、アプリケーション、仮想マシン、Kubernetesの各バックアップサービスのジョブを表示できます。

  • 特定のバックアップジョブの詳細を表示するには、「ユーザ名」と「ジョブタイプ」の列を新たに追加します。

  • [ジョブの詳細]ページには、メインジョブを完了するために実行中のすべてのサブジョブが表示されます。

  • このページは15分ごとに自動的に更新されるため、常に最新のジョブステータスの結果が表示されます。また、[更新]ボタンをクリックすると、ページをすぐに更新できます。

AWSのクロスアカウントバックアップの機能拡張

Cloud Volumes ONTAP バックアップにソースボリュームに使用しているものとは異なるAWSアカウントを使用する場合は、デスティネーションのAWSアカウントクレデンシャルをBlueXPに追加し、「s3:PutBucketPolicy」および「s3:PutBucketOwnershipControls」権限をBlueXPに権限を提供するIAMロールに追加する必要があります。これまでは、AWSコンソールで多数の設定を行う必要がありましたが、これはもう必要ありません。

2022年9月28日

Cloud Backup for Applicationsの機能強化

  • Google Cloud Platform(GCP)とStorageGRID をサポートし、アプリケーションと整合性のあるスナップショットをバックアップします

  • カスタムポリシーを作成する

  • アーカイブストレージをサポートします

  • SAP HANAアプリケーションをバックアップ

  • VMware環境のOracleおよびSQLアプリケーションをバックアップする

  • オンプレミスのセカンダリストレージからアプリケーションをバックアップ

  • バックアップの非アクティブ化

  • SnapCenter サーバを登録解除します

Cloud Backup for Virtual Machinesの機能拡張

  • では、StorageGRID を使用して1つ以上のデータストアをバックアップできます

  • カスタムポリシーを作成する

2022年9月19日

DataLockとRansomwareによる保護は、StorageGRID システムのバックアップファイルに対して設定できます

最後のリリースで導入された、Amazon S3バケットに格納されたバックアップ向けの_DataLockとRansomware Protection_forが含まれます。このリリースでは、StorageGRID システムに格納されたバックアップファイルのサポートが拡張されています。クラスタがONTAP 9.11.1以降を使用していて、StorageGRID システムがバージョン11.6.0.3以降を実行している場合、この新しいバックアップポリシーオプションを使用できます。 "DataLockとRansomwareによる保護でバックアップを保護する方法の詳細をご確認ください"

バージョン3.9.22以降のソフトウェアがインストールされたコネクタを実行する必要があります。コネクタはオンプレミスにインストールする必要があり、インターネットにアクセスできるサイトまたはインターネットに接続できないサイトにインストールできます。

これで、バックアップファイルからフォルダレベルのリストアを実行できるようになりました

フォルダ(ディレクトリまたは共有)内のすべてのファイルにアクセスする必要がある場合は、バックアップファイルからフォルダをリストアできるようになりました。フォルダをリストアする方が、ボリューム全体をリストアするよりもはるかに効率的です。この機能は、ONTAP 9.11.1以降を使用している場合、Browse & RestoreメソッドとSearch & Restoreメソッドの両方を使用してリストア処理を実行するときに使用できます。この時点では、1つのフォルダのみを選択してリストアできます。そのフォルダのファイルのみがリストアされます。サブフォルダやサブフォルダ内のファイルはリストアされません。

アーカイブストレージに移動されたバックアップからファイルレベルのリストアを実行できるようになりました

以前は、アーカイブストレージに移動されたバックアップファイルからのみボリュームをリストアできました(AWSおよびAzureのみ)。これらのアーカイブ済みバックアップファイルから個 々 のファイルをリストアできるようになりました。この機能は、ONTAP 9.11.1以降を使用している場合、Browse & RestoreメソッドとSearch & Restoreメソッドの両方を使用してリストア処理を実行するときに使用できます。

ファイルレベルのリストアで、元のソースファイルを上書きするオプションが追加されました

以前は、元のボリュームにリストアされたファイルは、「Restore_< file_name >」というプレフィックスの新しいファイルとして常にリストアされていました。ボリューム上の元の場所にファイルをリストアする際に、元のソースファイルを上書きできるようになりました。この機能は、参照およびリストア方法と検索およびリストア方法の両方を使用して、リストア処理を実行する場合に使用できます。

ドラッグアンドドロップして、StorageGRID システムへのクラウドバックアップを有効にします

状況に応じて "StorageGRID" バックアップ先がキャンバス上の作業環境として存在する場合、オンプレミスのONTAP 作業環境をデスティネーションにドラッグしてクラウドバックアップセットアップウィザードを開始できます。