日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ノードベースのライセンスを管理します

デジタルウォレットでノードベースのライセンスを管理して、各 Cloud Volumes ONTAP システムに必要な容量の有効なライセンスがあることを確認します。

ノードベースライセンス _ は旧世代のライセンスモデルです(新規のお客様は使用できません)。

  • ネットアップから購入した BYOL ライセンス

  • クラウドプロバイダの市場から従量課金制( PAYGO )で 1 時間単位のサブスクリプションが提供されます

_Digital Wallet では、 Cloud Volumes ONTAP のライセンスを 1 箇所から管理できます。新しいライセンスを追加したり、既存のライセンスを更新したりできます。

PAYGO ライセンスを管理します

デジタルウォレットページでは、シリアル番号と PAYGO ライセンスタイプを含む、 PAYGO Cloud Volumes ONTAP の各システムに関する詳細を表示できます。

手順
  1. [ * すべてのサービス ] 、 [ デジタルウォレット ] 、 [ Cloud Volumes ONTAP * ] の順にクリックします。

  2. ドロップダウンから [* Node Based Licenses] を選択します。

  3. [PAYGO] をクリックします。

  4. PAYGO ライセンスごとに詳細を表に示します。

    3 つのペイゴライセンスを含むデジタルウォレットページの表を示すスクリーンショット。各行には、名前、システムのタイプ、シリアル番号、パッケージ、およびライセンスを管理するためのリンクが表示されます。

  5. 必要に応じて、 [PAYGO ライセンスの管理( Manage PAYGO License ) ] をクリックして、 PAYGO ライセンスを変更するか、インスタンスタイプを変更します。

BYOL ライセンスを管理します

システムライセンスと容量ライセンスを追加または削除して、ネットアップから直接購入したライセンスを管理する。

未割り当てのライセンスを追加します

ノードベースのライセンスをデジタルウォレットに追加して、新しい Cloud Volumes ONTAP システムの作成時にライセンスを選択できるようにします。デジタルウォレットは、これらのライセンスを _unassigned _ として識別します。

手順
  1. [ * すべてのサービス ] 、 [ デジタルウォレット ] 、 [ Cloud Volumes ONTAP * ] の順にクリックします。

  2. ドロップダウンから [* Node Based Licenses] を選択します。

  3. [ * 未割り当て * ( Unassigned * ) ]

  4. [ 未割り当てライセンスの追加 ] をクリックします。

  5. ライセンスのシリアル番号を入力するか、ライセンスファイルをアップロードしてください。

    ライセンスファイルがまだない場合は、以下のセクションを参照してください。

  6. [ ライセンスの追加 ] をクリックします。

Cloud Manager によってデジタルウォレットにライセンスが追加されます。ライセンスは、新しい Cloud Volumes ONTAP システムに関連付けるまでは未割り当てとみなされます。その場合、ライセンスはデジタルウォレットの *BYOL * タブに移動します。

未割り当てのノードベースライセンスを交換します

Cloud Volumes ONTAP 用の未割り当てのノードベースライセンスがあり、使用していない場合は、そのライセンスを Cloud Backup ライセンス、 Cloud Data Sense ライセンス、 Cloud Tiering ライセンスに変換することでライセンスを交換できます。

ライセンスを交換すると、 Cloud Volumes ONTAP ライセンスが取り消され、サービスのドル相当ライセンスが作成されます。

  • Cloud Volumes ONTAP HA ペアのライセンスは 51TiB のデータサービスライセンスに変換されます

  • Cloud Volumes ONTAP シングルノードのライセンスは、 32TiB のデータサービスライセンスに変換されます

変換されたライセンスの有効期限は、 Cloud Volumes ONTAP ライセンスと同じです。

手順
  1. [ * すべてのサービス ] 、 [ デジタルウォレット ] 、 [ Cloud Volumes ONTAP * ] の順にクリックします。

  2. ドロップダウンから [* Node Based Licenses] を選択します。

  3. [ * 未割り当て * ( Unassigned * ) ]

  4. [*Exchange ライセンス *] をクリックします。

    未割り当てライセンスページに表示される Exchange ライセンスオプションのスクリーンショット。

  5. ライセンスを交換するサービスを選択します。

  6. プロンプトが表示されたら、 HA ペア用の追加のライセンスを選択します。

  7. 法的同意を読み、 [Agree]( 同意する ) をクリックします。

Cloud Manager によって、選択したサービスに未割り当てのライセンスが変換されます。新しいライセンスは、 [ * データサービスライセンス * ] タブで表示できます。

システムライセンスファイルを取得します

ほとんどの場合、 Cloud Manager はネットアップサポートサイトのアカウントを使用してライセンスファイルを自動的に取得できます。ただし、アップロードできない場合は、ライセンスファイルを手動でアップロードする必要があります。ライセンスファイルがない場合は、 netapp.com から入手できます。

手順
  1. にアクセスします "ネットアップライセンスファイルジェネレータ" をクリックし、ネットアップサポートサイトのクレデンシャルでログインします。

  2. パスワードを入力し、製品を選択してシリアル番号を入力し、プライバシーポリシーを読み、同意したことを確認してから、 * Submit * をクリックします。

    • 例 *

    スクリーンショット: NetApp License File Generator Web ページの例を示しています。このページには、パスワード、製品( NetApp Cloud Volumes ONTAP BYOL for AWS )、製品のシリアル番号が表示されています。

  3. 電子メールまたは直接ダウンロードで serialnumber.nlf JSON ファイルを受信するかどうかを選択します。

システムライセンスを更新する

ネットアップの担当者に連絡して BYOL サブスクリプションを更新すると、 Cloud Manager は自動的にネットアップから新しいライセンスを取得し、 Cloud Volumes ONTAP システムにインストールします。

Cloud Manager がセキュアなインターネット接続経由でライセンスファイルにアクセスできない場合は、ユーザがファイルを取得して、 Cloud Manager に手動でアップロードできます。

手順
  1. [ * すべてのサービス ] 、 [ デジタルウォレット ] 、 [ Cloud Volumes ONTAP * ] の順にクリックします。

  2. ドロップダウンから [* Node Based Licenses] を選択します。

  3. BYOL * タブで、 Cloud Volumes ONTAP システムの詳細を展開します。

  4. システムライセンスの横にあるアクションメニューをクリックし、 * ライセンスの更新 * を選択します。

  5. ライセンスファイル( HA ペアがある場合はファイル)をアップロードします。

  6. [ * ライセンスの更新 * ] をクリックします。

Cloud Manager によって、 Cloud Volumes ONTAP システムのライセンスが更新されます。

追加の容量ライセンスを管理する

Cloud Volumes ONTAP BYOL システムの追加容量ライセンスを購入すると、 BYOL システムライセンスで提供される 368 TiB を超える容量を割り当てることができます。たとえば、 1 つのライセンス容量を追加購入して、最大 736TiB の容量を Cloud Volumes ONTAP に割り当てることができます。また、容量ライセンスを 3 つ追加購入すれば、最大 1.4 PiB まで拡張できます。

シングルノードシステムまたは HA ペアに対して購入できるライセンスの数に制限はありません。

容量ライセンスを追加

Cloud Manager の右下にあるチャットアイコンからお問い合わせいただき、容量ライセンスを追加購入してください。購入したライセンスは、 Cloud Volumes ONTAP システムに適用できます。

手順
  1. [ * すべてのサービス ] 、 [ デジタルウォレット ] 、 [ Cloud Volumes ONTAP * ] の順にクリックします。

  2. ドロップダウンから [* Node Based Licenses] を選択します。

  3. BYOL * タブで、 Cloud Volumes ONTAP システムの詳細を展開します。

  4. [Add Capacity License*] をクリックします。

  5. シリアル番号を入力するか、ライセンスファイル( HA ペアを使用している場合はファイル)をアップロードします。

  6. [Add Capacity License*] をクリックします。

容量ライセンスを更新

容量を追加するライセンスを延長した場合は、 Cloud Manager でライセンスを更新する必要があります。

手順
  1. [ * すべてのサービス ] 、 [ デジタルウォレット ] 、 [ Cloud Volumes ONTAP * ] の順にクリックします。

  2. ドロップダウンから [* Node Based Licenses] を選択します。

  3. BYOL * タブで、 Cloud Volumes ONTAP システムの詳細を展開します。

  4. 容量ライセンスの横にあるアクションメニューをクリックし、 * ライセンスの更新 * を選択します。

  5. ライセンスファイル( HA ペアがある場合はファイル)をアップロードします。

  6. [ * ライセンスの更新 * ] をクリックします。

容量ライセンスを削除します

使用されなくなったために期限切れになった容量ライセンスは、いつでも削除できます。

手順
  1. [ * すべてのサービス ] 、 [ デジタルウォレット ] 、 [ Cloud Volumes ONTAP * ] の順にクリックします。

  2. ドロップダウンから [* Node Based Licenses] を選択します。

  3. BYOL * タブで、 Cloud Volumes ONTAP システムの詳細を展開します。

  4. 容量ライセンスの横にあるアクションメニューをクリックし、 * ライセンスの削除 * を選択します。

  5. [ 削除( Remove ) ] をクリックします。

評価ライセンスを BYOL に変換します

評価用ライセンスは 30 日間有効です。インプレースアップグレードの評価ライセンスの上に、新しい BYOL ライセンスを適用できます。

Eval ライセンスを BYOL に変換すると、 Cloud Manager は Cloud Volumes ONTAP システムを再起動します。

  • シングルノードシステムで再起動を実行すると、リブートプロセス中に I/O が中断されます。

  • HA ペアの場合、再起動によってテイクオーバーとギブバックが開始され、クライアントへの I/O の提供が継続されます。

手順
  1. [ * すべてのサービス ] 、 [ デジタルウォレット ] 、 [ Cloud Volumes ONTAP * ] の順にクリックします。

  2. ドロップダウンから [* Node Based Licenses] を選択します。

  3. 「 * 評価 * 」をクリックします。

  4. 表で、 Cloud Volumes ONTAP システムの Convert to BYOL License をクリックします。

  5. シリアル番号を入力するか、ライセンスファイルをアップロードしてください。

  6. [ ライセンスの変換 ] をクリックします。

Cloud Manager によって変換プロセスが開始されます。Cloud Volumes ONTAP は、このプロセスの一環として自動的に再起動します。バックアップが完了すると、ライセンス情報に新しいライセンスが反映されます。

PAYGOとBYOLの2つのモデルが変わります

システムをPAYGOからノード単位のライセンスからBYOLへ(逆も同様)に変換することはできません。従量課金制サブスクリプションとBYOLサブスクリプションを切り替える場合は、新しいシステムを導入し、既存のシステムから新しいシステムにデータをレプリケートする必要があります。

手順
  1. 新しい Cloud Volumes ONTAP の作業環境を作成します。

  2. レプリケートする必要があるボリュームごとに、システム間の1回限りのデータレプリケーションを設定します。

  3. 元の作業環境を削除して、不要になった Cloud Volumes ONTAP システムを終了します。