日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Volumes ONTAP ライセンス

Cloud Volumes ONTAP には、いくつかのライセンスオプションがあります。それぞれのオプションで、ニーズに合った消費モデルを選択できます。

ライセンスの概要

新規のお客様は、次のライセンスオプションを利用できます。

フリーミアムのサービス

ライセンスや契約を購入することなく、プロビジョニングされた容量を最大 500GiB まで無料で利用できます。限定的なサポートが含まれます。

Essentials パッケージ

さまざまな構成で Cloud Volumes ONTAP の容量に基づいて料金が発生します。

プロフェッショナルパッケージ

Cloud Volumes ONTAP 構成の種類に関係なく、容量ごとに料金が発生Cloud Backup でバックアップを無制限に実行できます。

Keystone Flex サブスクリプション

ニーズに合わせて拡張できるサブスクリプションベースのサービス。 HA ペア向けのシームレスなハイブリッドクラウドエクスペリエンスを提供します。

以前のノード単位のライセンスモデルは、ライセンスを購入済みの既存のお客様や、アクティブな Marketplace サブスクリプションを所有しているお客様には引き続き提供されます。

以降のセクションでは、これらの各オプションについて詳しく説明します。

フリーミアムのサービス

Cloud Volumes ONTAP のすべての機能をネットアップから無償で提供(クラウドプロバイダの料金がまだ適用されます)。

  • ライセンスや契約は必要ありません。

  • ネットアップによるサポートは含まれていません。

  • Cloud Volumes ONTAP システムあたりのプロビジョニング可能な容量は 500GiB に制限されています。

  • ネットアップのアカウント 1 つにつき、最大 10 台の Cloud Volumes ONTAP システムを任意のクラウドプロバイダで使用できます。

  • Cloud Volumes ONTAP システム用にプロビジョニングされた容量が 500GiB を超えると、 Cloud Manager はシステムを Essentials パッケージ(容量ベースのライセンス)に変換します。

    プロビジョニングされた容量が 500GiB 未満の他のシステムは、 Freemium ( Freemium 製品を使用して導入されている場合)に残ります。

Freemium製品の導入方法をご確認ください。

容量ベースのライセンスパッケージ

容量単位のライセンスでは、 TiB 単位の Cloud Volumes ONTAP に対して料金を支払うことができます。このライセンスはネットアップアカウントに関連付けられており、ライセンスで十分な容量が使用可能であれば、ライセンスに対して複数のシステムを充電することができます。

たとえば、 20TiB のライセンスを 1 つ購入して 4 つの Cloud Volumes ONTAP システムを導入し、各システムに 5TiB のボリュームを割り当てて合計 20TiB にするとします。そのアカウントに導入されている各 Cloud Volumes ONTAP システムのボリュームで容量を使用できます。

容量ベースのライセンスは、 a_packag_ の形式で用意されています。Cloud Volumes ONTAP システムを導入するときは、 _Essentials_package または _Professional_package を選択できます。

Essentials パッケージ
  • Cloud Volumes ONTAP 構成を選択します。

    • シングルノードまたは HA システム

    • ディザスタリカバリ( DR )用のファイルストレージとブロックストレージまたはセカンダリデータ

  • ネットアップのクラウドデータサービスを追加コストで利用できます

プロフェッショナルパッケージ
  • すべての Cloud Volumes ONTAP 構成(シングルノードまたは任意のストレージタイプの HA )にライセンスを提供

  • Cloud Backup を使用したボリュームのバックアップを含みます(このライセンスを使用するボリュームのみ)

  • ネットアップのクラウドデータサービスを追加コストで利用できます

消費モデル

Essentials パッケージと Professional パッケージには、次の消費モデルがあります。

  • ネットアップから購入したライセンス( BYOL )。任意のクラウドプロバイダで Cloud Volumes ONTAP を導入する際に使用できます。

    1 つのクラウドプロバイダに制限されることはありません。

  • クラウドプロバイダの市場から 1 時間単位のサブスクリプション( PAYGO )が提供されます。

  • クラウドプロバイダの市場から年間契約を獲得できます。

次の点に注意してください。

  • ネットアップからライセンスを購入した場合( BYOL )は、クラウドプロバイダが提供する PAYGO のサブスクリプションも必要です。

    ライセンスは常に最初に請求されますが、次の場合は、マーケットプレイスで 1 時間ごとの料金が請求されます。

    • ライセンス容量を超えた場合

    • ライセンスの期間が終了する場合

  • 市場から年間契約を結んでいる場合、導入する Cloud Volumes ONTAP システムにはその契約が適用されます。BYOL と年間市場契約を組み合わせることはできません。

価格設定

価格設定の詳細については、を参照してください "NetApp Cloud Central"

無償トライアルを利用できます

30 日間の無償トライアルをクラウドプロバイダのマーケットプレイスで従量課金制サブスクリプションで利用できます。無償トライアルには、Cloud Volumes ONTAP とクラウドバックアップが含まれています。トライアルは、市場で提供サービスに登録すると開始されます。

インスタンスや容量の制限はありません。Cloud Volumes ONTAP システムは必要な数だけ導入でき、必要な容量を30日間無償で割り当てることができます。無料トライアルは、30日後に1時間ごとの有料サブスクリプションに自動的に変換されます。

Cloud Volumes ONTAP のソフトウェアライセンス料金は1時間ごとに発生しませんが、クラウドプロバイダからインフラ料金が請求されます。

ヒント Cloud Managerには、無償トライアルが開始されたとき、7日が残ったとき、および1日が残っているときに通知が送信されます。例:Cloud Managerインターフェイスの通知のスクリーンショット。無償トライアルの残りの日数は7日です。

サポートされている構成

容量ベースのライセンスパッケージは Cloud Volumes ONTAP 9.7 以降で利用できます。

容量制限

このライセンスモデルでは、個々の Cloud Volumes ONTAP システムでディスクとオブジェクトストレージへの階層化によって、最大 2 PiB の容量をサポートします。

ライセンス自体にに関しては、最大容量制限はありません。

充電に関するメモ

  • BYOL の容量を超えた場合やライセンスの有効期限が切れた場合は、マーケットプレイスのサブスクリプションに基づいて 1 時間あたりの料金が高すぎることを意味します。

  • パッケージごとに 4TiB 以上の容量を追加容量が 4TiB 未満の Cloud Volumes ONTAP インスタンスは、 4TiB の割合で請求されます。

  • データ提供用の Storage VM ( SVM )を追加する場合、追加のライセンスコストは発生しませんが、データ提供用 SVM ごとの容量は 4TiB になります。

  • ディザスタリカバリ用 SVM は、プロビジョニングされた容量に基づいて料金が発生します。

  • HA ペアの場合、ノードのプロビジョニング済み容量に対してのみ料金が発生します。パートナーノードに同期ミラーリングされるデータには料金は発生しません。

  • FlexClone ボリュームで使用される容量に対する料金は発生しません。

  • ソースおよびデスティネーションの FlexCache ボリュームはプライマリデータとみなされ、プロビジョニング済みスペースに基づいて料金が発生します。

Keystone Flex サブスクリプション

成長に合わせて拡張できるサブスクリプションベースのサービス。運用コストの消費モデルを希望するお客様に、設備投資やリースを先行するお客様にシームレスなハイブリッドクラウドエクスペリエンスを提供します。

課金は、 Keystone Flex サブスクリプションでの 1 つ以上の Cloud Volumes ONTAP HA ペアのコミット済み容量に基づいています。

各ボリュームのプロビジョニング済み容量は、 Keystone Flex サブスクリプションのコミット済み容量と定期的に集計されて比較され、超過した場合は Keystone Flex サブスクリプションのバーストとして課金されます。

サポートされている構成

Keystone Flex Subscriptions は、 HA ペアでサポートされます。現時点では、このライセンスオプションはシングルノードシステムではサポートされていません。

容量制限

個々の Cloud Volumes ONTAP システムでは、ディスクとオブジェクトストレージへの階層化によって、最大 2 PiB の容量をサポートしています。

ノードベースのライセンス

ノードベースのライセンスは、 Cloud Volumes ONTAP のライセンスをノード単位で付与することが可能になった旧世代のライセンスモデルです。このライセンスモデルは、新規のお客様にはご利用いただけません。また、無償トライアルもご利用いただけません。ノード単位の充電は、前述のキャパシティ単位の充電方法に置き換えられました。

既存のお客様は、ノードベースのライセンスを引き続き利用できます。

  • アクティブなライセンスがある場合は、 BYOL をライセンスの更新のみに使用できます。

  • 有効なマーケットプレイスサブスクリプションをお持ちの場合は、そのサブスクリプションを通じて引き続き課金をご利用いただけます。

ライセンスの変換

既存の Cloud Volumes ONTAP システムを別のライセンス方式に変換することはできません。現在提供されている 3 つのライセンス方式は、容量ベースのライセンス、 Keystone Flex Subscriptions 、ノードベースのライセンスです。たとえば、システムをノードベースのライセンスから容量ベースのライセンスに変換することはできません(逆の場合も同様)。

別のライセンス方式に移行する場合は、ライセンスを購入し、そのライセンスを使用して新しい Cloud Volumes ONTAP システムを導入してから、その新しいシステムにデータをレプリケートできます。

システムをPAYGOからノード単位のライセンスからBYOLへ(逆も同様)に変換することはサポートされていません。新しいシステムを導入し、そのシステムにデータをレプリケートする必要があります。 "PAYGOとBYOLの違いを解説します"

システムの最大数

Cloud Volumes ONTAP システムの最大数は、使用しているライセンスモデルに関係なく、ネットアップアカウントあたり 20 に制限されます。

a_system_に は、 HA ペアまたはシングルノードシステムを指定します。たとえば、2つのCloud Volumes ONTAP HAペアと2つのシングルノードシステムがある場合、合計4つのシステムがあり、アカウントに16のシステムを追加することができます。

ご質問がある場合は、アカウント担当者または営業チームにお問い合わせください。