日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

AWSでCloud Volumes ONTAP のライセンスを設定

Cloud Volumes ONTAP で使用するライセンスオプションを決定したら、新しい作業環境を作成する際にそのライセンスオプションを選択する前に、いくつかの手順を実行する必要があります。

フリーミアム

プロビジョニングされた容量が最大500GiBのCloud Volumes ONTAP を無料で使用するには、Freemium製品を選択してください。 "Freemium 製品の詳細をご覧ください"

手順
  1. キャンバスページで、*作業環境の追加*をクリックし、Cloud Managerの手順に従います。

    1. [詳細とクレデンシャル]ページで、[クレデンシャルの編集]>[サブスクリプションの追加]をクリックし、プロンプトに従ってAWS Marketplaceで従量課金制サービスに登録します。

      プロビジョニング済み容量が500GiBを超えると、システムはに自動的に変換されないかぎり、マーケットプレイスのサブスクリプションを通じて料金が請求されることはありません "Essentials パッケージ"

    Cloud Volumes ONTAP の作業環境を作成する場合のPAYGOサブスクリプションオプションのスクリーンショット。

    1. Cloud Managerに戻ったら、課金方法のページが表示されたら「* Freemium *」を選択します。

      Cloud Volumes ONTAP 作業環境を作成する際のFreemiumオプションのスクリーンショット。

容量単位のライセンスです

容量単位のライセンスでは、 TiB 単位の Cloud Volumes ONTAP に対して料金を支払うことができます。容量ベースのライセンスは、パッケージ:Essentialsパッケージまたはプロフェッショナルパッケージの形式で提供されます。

Essentials パッケージと Professional パッケージには、次の消費モデルがあります。

  • ネットアップから購入したライセンス( BYOL )

  • AWS Marketplaceで提供する従量課金制(PAYGO)の1時間単位のサブスクリプション

  • AWS Marketplaceからの年間契約

以降のセクションでは、これらの各消費モデルの使用方法について説明します。

BYOL

ネットアップからライセンスを購入(BYOL)して前払いし、任意のクラウドプロバイダにCloud Volumes ONTAP システムを導入できます。

手順
  1. "ライセンスの取得については、ネットアップの営業部門にお問い合わせください"

  2. "Cloud Managerにネットアップサポートサイトのアカウントを追加します"

    Cloud Managerは、ネットアップのライセンスサービスを自動的に照会して、ネットアップサポートサイトのアカウントに関連付けられているライセンスに関する詳細を取得します。エラーがなければ、Cloud Managerはライセンスをデジタルウォレットに自動的に追加します。

    Cloud Volumes ONTAP で使用するには、ライセンスがデジタルウォレットから入手できる必要があります。必要に応じて、を実行できます "手動でライセンスをDigital Walletに追加します"

  3. キャンバスページで、*作業環境の追加*をクリックし、Cloud Managerの手順に従います。

    1. [詳細とクレデンシャル]ページで、[クレデンシャルの編集]>[サブスクリプションの追加]をクリックし、プロンプトに従ってAWS Marketplaceで従量課金制サービスに登録します。

      ネットアップから購入したライセンスには、最初に必ず料金が請求されますが、ライセンスで許可された容量を超えた場合や、ライセンスの期間が終了した場合は、マーケットプレイスで1時間ごとに料金が請求されます。

    Cloud Volumes ONTAP の作業環境を作成する場合のPAYGOサブスクリプションオプションのスクリーンショット。

    1. Cloud Managerに戻ったら、課金方法のページで容量ベースのパッケージを選択します。

      Cloud Volumes ONTAP 作業環境を作成する際のプロフェッショナルオプションのスクリーンショット。

PAYGOサブスクリプション

クラウドプロバイダのマーケットプレイスから提供されたサービスに登録すると、1時間ごとに料金が発生します。

Cloud Volumes ONTAP 作業環境を作成すると、Cloud ManagerからAWS Marketplaceで提供されている契約に登録するよう求められます。このサブスクリプションは、充電のための作業環境に関連付けられます。同じサブスクリプションを追加の作業環境に使用できます。

手順
  1. キャンバスページで、*作業環境の追加*をクリックし、Cloud Managerの手順に従います。

    1. [詳細とクレデンシャル]ページで、[クレデンシャルの編集]>[サブスクリプションの追加]をクリックし、プロンプトに従ってAWS Marketplaceで従量課金制サービスに登録します。

      Cloud Volumes ONTAP の作業環境を作成する場合のPAYGOサブスクリプションオプションのスクリーンショット。

    2. Cloud Managerに戻ったら、課金方法のページで容量ベースのパッケージを選択します。

      Cloud Volumes ONTAP 作業環境を作成する際のプロフェッショナルオプションのスクリーンショット。

ヒント AWSアカウントに関連付けられたAWS Marketplaceのサブスクリプションを管理するには、[設定]>[クレデンシャル]ページを使用します。 "AWSのアカウントとサブスクリプションの管理方法について説明します"

年間契約

クラウドプロバイダのマーケットプレイスから年間契約を購入することで、年間料金を支払うことができます。

時間単位のサブスクリプションと同様に、Cloud Managerは、AWS Marketplaceで提供される年間契約をサブスクライブするよう求めます。

手順
  1. キャンバスページで、*作業環境の追加*をクリックし、Cloud Managerの手順に従います。

    1. [詳細とクレデンシャル]ページで、[クレデンシャルの編集]>[サブスクリプションの追加]をクリックし、プロンプトに従ってAWS Marketplaceで年間契約をサブスクライブします。

      Cloud Volumes ONTAP 作業環境を作成する際の年間契約内容のスクリーンショット。

    2. Cloud Managerに戻ったら、課金方法のページで容量ベースのパッケージを選択します。

      Cloud Volumes ONTAP 作業環境を作成する際のプロフェッショナルオプションのスクリーンショット。

Keystone Flex サブスクリプション

Keystone Flexサブスクリプションは、ビジネスの成長に合わせて拡張できるサブスクリプションベースのサービスです。 "Keystone Flex Subscriptions の詳細をご覧ください"

手順
  1. まだサブスクリプションをお持ちでない場合は、 "ネットアップにお問い合わせください"

  2. mailto : ng-keystone-success@netapp.com [ ネットアップにお問い合わせください ] 1 つ以上の Keystone Flex Subscriptions で Cloud Manager のユーザアカウントを承認します。

  3. ネットアップがお客様のアカウントを許可したあと、 "Cloud Volumes ONTAP で使用するサブスクリプションをリンクします"

  4. キャンバスページで、*作業環境の追加*をクリックし、Cloud Managerの手順に従います。

    1. 充電方法を選択するように求められたら、Keystone Flexサブスクリプションの課金方法を選択します。

      Cloud Volumes ONTAP 作業環境を作成する際のKeystone Flexサブスクリプションオプションのスクリーンショット。