日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

BlueXPにOpenShiftクラスタを追加します

寄稿者

自己管理OpenShiftクラスタをBlueXPにインポートして、クラウドプロバイダへの永続ボリュームのバックアップを開始できるようにします。

クラスタをインポートします

Kubernetes 構成ファイルを使用して、自己管理型の Kubernetes クラスタをインポートできます。

OpenShiftクラスタを追加する前に、次のものが必要です。

  • で作成した「kubeconfig -sa」ファイル "kubeconfigファイルを作成します"

  • クラスタの公開認証局(ca.crtなど)、クライアントキー(tls.keyなど)、およびクライアント証明書(tls.crtなど)のファイル。

手順
  1. Canvas *で、*作業環境の追加*を選択します。

  2. クラウドプロバイダを選択し、「* Kubernetes Cluster 」、「 Next *」の順に選択します。

  3. [クラスタのインポート]、[次へ]の順に選択します。

  4. で作成した「kubeconfig -sa」ファイルをアップロードします "kubeconfigファイルを作成します"。Kubernetesクラスタを選択し、* Next *を選択します。

    Kubernetes クラスタのインポートページのスクリーンショットで、構成ファイルと使用可能なクラスタの表を示しています。

  5. クラスタ証明書をアップロードします。

    クラスタ証明書のアップロード画面のスクリーンショット。

BlueXPはKubernetesクラスタをCanvasに追加します。