日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

AWS での Cloud Volumes ONTAP 9.10.0 のストレージの制限

寄稿者 netapp-bcammett

Cloud Volumes ONTAP には、安定した運用を実現するために、ストレージ構成の制限があります最大のパフォーマンスを得るためには、システムを最大値で構成しないでください。

ライセンス別の最大システム容量

Cloud Volumes ONTAP システムの最大システム容量はライセンスで決まります。最大システム容量には、ディスクベースのストレージに加えて、データの階層化に使用されるオブジェクトストレージが含まれます。

ネットアップでは、システム容量の制限を超えた使用はサポートしていません。ライセンス容量の上限に達すると、 Cloud Manager は「 Action Required 」メッセージを表示し、ディスクを追加できなくなります。

一部の構成では、ディスク制限により、ディスクのみを使用して容量制限に達することができません。その場合、で容量の制限に達することができます "使用頻度の低いデータをオブジェクトストレージに階層化します"。詳細については、以下の容量とディスクの制限を参照してください。

使用許諾 最大システム容量(ディスク + オブジェクトストレージ)

フリーミアム

500 GiB

PAYGO Explore

2TiB ( Explore ではデータ階層化はサポートされません)

PAYGO Standard の略

10TiB

PAYGO Premium

368TiB

ノードベースのライセンス

1 ライセンスあたり 368 TiB

容量単位のライセンスです

2 PiB

HA の場合、ライセンスの容量制限はノード単位か、 HA ペア全体に適用されるか

容量制限は HA ペア全体の容量制限です。ノード単位ではありません。たとえば、 Premium ライセンスを使用する場合、両方のノード間で最大 368 TiB の容量を確保できます。

AWS の HA システムでは、ミラーリングされたデータは容量制限にカウントされますか。

いいえ、できません。AWS HA ペアのデータは、障害発生時にデータを利用できるように、ノード間で同期的にミラーされます。たとえば、ノード A で 8TiB ディスクを購入した場合、 Cloud Manager は、ミラーリングされたデータに使用する 8 TiB のディスクをノード B にも割り当てます。16TiB の容量がプロビジョニングされましたが、ライセンスの上限には 8TiB しかカウントされません。

ディスクおよび階層化の制限は EC2 インスタンスごとに適用されます

Cloud Volumes ONTAP は EBS ボリュームをディスクとして使用し、最大ディスクサイズは 16TiB です。以下のセクションでは、 EC2 インスタンスファミリーごとにディスクと階層化の制限を示します。これは、多くの EC2 インスタンスタイプでディスクの制限が異なるためです。また、シングルノードシステムと HA ペアではディスク制限も異なります。

次の点に注意してください。

  • 新しい Cloud Volumes ONTAP 9.10.0 システムでは、 C4 、 M4 、および R4 インスタンスタイプはサポートされません。ただし、これらのインスタンスタイプのいずれかで実行している場合は、システムを 9.10.0 リリースにアップグレードできるため、これらのインスタンスタイプのディスク制限は引き続き表示されます。

  • 以下のディスク制限は、ユーザデータが格納されたディスクに固有です。この制限には、ブートディスクとルートディスクは含まれていません。

  • Cloud Volumes ONTAP BYOL システムに複数のノードベースライセンスを購入して、 368 TiB を超える容量を割り当てることができるようになりました。シングルノードシステムまたは HA ペアに対して購入できるライセンスの数に制限はありません。ディスク制限によって、ディスクだけを使用することで容量制限に達することがないことに注意してください。を使用すると、ディスク制限を超えることができます "使用頻度の低いデータをオブジェクトストレージに階層化します"。。

Premium ライセンスがあるシングルノード

インスタンス ノードあたりの最大ディスク数 ディスクのみの場合の最大システム容量 ディスクとデータ階層化による最大システム容量

C5 、 m5 、および r5 インスタンス

21^1 ^

336 TiB

368TiB

m5dn.24xlarge

192

304 TiB

368TiB

C4 、 M4 、および R4 インスタンス

34

368TiB

368TiB

  1. Cloud Volumes ONTAP の _NET_Deployments には、 21 本のデータディスクが制限されています。バージョン 9.7 以前で作成されたシステムをアップグレードしても、 22 本のディスクが引き続きサポートされます。9.8 リリース以降のコアディスクが追加されているため、これらのインスタンスタイプを使用する新しいシステムでは、サポートされるデータディスクは 1 本少なくなります。

  2. このインスタンスタイプのローカル NVMe ディスクの数は他のインスタンスタイプよりも多く、サポートされるデータディスクの数が少なくなります。

ノードベースのライセンスを使用するシングルノード

インスタンス ノードあたりの最大ディスク数 最大システム容量( 1 ライセンス 複数のライセンスを持つ最大システム容量

* ディスクのみ *

* ディスク + データ階層化 *

* ディスクのみ *

* ディスク + データ階層化 *

C5 、 m5 、および r5 インスタンス

21^1 ^

336 TiB

368TiB

336 TiB

1 ライセンスあたり 368 TiB

m5dn.24xlarge

192

304 TiB

368TiB

304 TiB

1 ライセンスあたり 368 TiB

C4 、 M4 、および R4 インスタンス

34

368TiB

368TiB

544 TiB

1 ライセンスあたり 368 TiB

  1. Cloud Volumes ONTAP の _NET_Deployments には、 21 本のデータディスクが制限されています。バージョン 9.7 以前で作成されたシステムをアップグレードしても、 22 本のディスクが引き続きサポートされます。9.8 リリース以降のコアディスクが追加されているため、これらのインスタンスタイプを使用する新しいシステムでは、サポートされるデータディスクは 1 本少なくなります。

  2. このインスタンスタイプのローカル NVMe ディスクの数は他のインスタンスタイプよりも多く、サポートされるデータディスクの数が少なくなります。

容量単位のライセンスがあるシングルノード

インスタンス ノードあたりの最大ディスク数 ディスクのみの場合の最大システム容量 ディスクとデータ階層化による最大システム容量

C5 、 m5 、および r5 インスタンス

21

336 TiB

2 PiB

m5dn.24xlarge

19^1 ^

304 TiB

2 PiB

  1. このインスタンスタイプのローカル NVMe ディスクの数は他のインスタンスタイプよりも多く、サポートされるデータディスクの数が少なくなります。

Premium ライセンスがある HA ペア

インスタンス ノードあたりの最大ディスク数 ディスクのみの場合の最大システム容量 ディスクとデータ階層化による最大システム容量

C5 、 m5 、および r5 インスタンス

18^1 ^ 1^

288TiB

368TiB

m5dn.24xlarge

162

256TiB です

368TiB

C4 、 M4 、および R4 インスタンス

31.

368TiB

368TiB

  1. 18 本のデータディスクは、 Cloud Volumes ONTAP の _new_Deployments の制限です。バージョン 9.7 以前で作成されたシステムをアップグレードしても、システムでは 19 本のディスクが引き続きサポートされます。9.8 リリース以降のコアディスクが追加されているため、これらのインスタンスタイプを使用する新しいシステムでは、サポートされるデータディスクは 1 本少なくなります。

  2. このインスタンスタイプのローカル NVMe ディスクの数は他のインスタンスタイプよりも多く、サポートされるデータディスクの数が少なくなります。

ノードベースのライセンスが設定された HA ペア

インスタンス ノードあたりの最大ディスク数 最大システム容量( 1 ライセンス 複数のライセンスを持つ最大システム容量

* ディスクのみ *

* ディスク + データ階層化 *

* ディスクのみ *

* ディスク + データ階層化 *

C5 、 m5 、および r5 インスタンス

18^1 ^ 1^

288TiB

368TiB

288TiB

1 ライセンスあたり 368 TiB

m5dn.24xlarge

162

256TiB です

368TiB

256TiB です

1 ライセンスあたり 368 TiB

C4 、 M4 、および R4 インスタンス

31.

368TiB

368TiB

496TiB

1 ライセンスあたり 368 TiB

  1. 18 本のデータディスクは、 Cloud Volumes ONTAP の _new_Deployments の制限です。バージョン 9.7 以前で作成されたシステムをアップグレードしても、システムでは 19 本のディスクが引き続きサポートされます。9.8 リリース以降のコアディスクが追加されているため、これらのインスタンスタイプを使用する新しいシステムでは、サポートされるデータディスクは 1 本少なくなります。

  2. このインスタンスタイプのローカル NVMe ディスクの数は他のインスタンスタイプよりも多く、サポートされるデータディスクの数が少なくなります。

容量ベースのライセンスが設定された HA ペア

インスタンス ノードあたりの最大ディスク数 ディスクのみの場合の最大システム容量 ディスクとデータ階層化による最大システム容量

C5 、 m5 、および r5 インスタンス

18

288TiB

2 PiB

m5dn.24xlarge

16^1 ^

256TiB です

2 PiB

  1. このインスタンスタイプのローカル NVMe ディスクの数は他のインスタンスタイプよりも多く、サポートされるデータディスクの数が少なくなります。

アグリゲートの制限

Cloud Volumes ONTAP は AWS ボリュームをディスクとして使用し、これらを Aggregate_ にグループ化します。アグリゲートは、ボリュームにストレージを提供します。

パラメータ 制限( Limit )

アグリゲートの最大数

1 つのノード:ディスクリミットの HA ペアと同じです:ノード ^1 の 18

最大アグリゲートサイズ

96 TiB の物理容量 2

アグリゲートあたりのディスク数

1-63

アグリゲートあたりの RAID グループの最大数

1.

注:

  1. HA ペアの両方のノードに 18 個のアグリゲートを作成することはできません。これは、作成するとデータディスクの制限を超えてしまうためです。

  2. アグリゲートの容量の制限は、アグリゲートを構成するディスクに基づいています。データの階層化に使用されるオブジェクトストレージは制限に含まれません。

  3. アグリゲート内のディスクはすべて同じサイズである必要があります。

Storage VM の制限

一部の構成では、 Cloud Volumes ONTAP 用に Storage VM ( SVM )を追加で作成することができます。

ライセンスタイプ インスタンスファミリー Storage VM の最大数

* PAYGO *

C4 、 M4 、および R4

  • データ提供用の Storage VM × 1

  • ディザスタリカバリ用の Storage VM × 1

C5 、 m5 、および r5

  • データ提供用の Storage VM × 1

  • ディザスタリカバリ用の Storage VM × 1

* Freemium *

C5 、 m5 、および r5

  • 合計 24 個の Storage VM の合計 ^ 1 、 2 、 ^

* 容量ベースのライセンス * 3

C5 、 m5 、および r5

  • 合計 24 個の Storage VM の合計 ^ 1 、 2 、 ^

* ノードベースの BYOL * 4

C4 、 M4 、および R4

  • データ提供用の Storage VM × 1

  • ディザスタリカバリ用の Storage VM × 1

C5 、 m5 、および r5

  • 合計 24 個の Storage VM の合計 ^ 1 、 2 、 ^

  1. 使用する EC2 インスタンスタイプによっては、上限値がそれよりも低くなる可能性があります。インスタンスあたりの制限は、以下のセクションに記載されています。

  2. これらの 24 個の Storage VM からデータを提供することも、ディザスタリカバリ( DR )用に設定することもできます。

  3. 容量ベースのライセンスの場合、追加の Storage VM には追加のライセンスコストは発生しませんが、 Storage VM 1 台あたり最低容量は 4TiB 課金されます。たとえば、 2 台の Storage VM を作成し、それぞれに 2TiB のプロビジョニング済み容量がある場合、合計で 8TiB の容量が請求されます。

  4. ノードベースの BYOL の場合、デフォルトでは、 Cloud Volumes ONTAP に付属する最初の Storage VM 以降の追加の DATA Serving_storage VM ごとにアドオンライセンスが必要です。アカウントチームに問い合わせて Storage VM アドオンライセンスを取得してください。

    ディザスタリカバリ( DR )用に設定する Storage VM には追加ライセンスは必要ありませんが(無償)、 Storage VM の数は制限に含まれます。たとえば、ディザスタリカバリ用に設定されたデータ提供用の Storage VM が 12 台ある場合、上限に達し、それ以上 Storage VM を作成できません。

EC2 インスタンスタイプごとに Storage VM の制限が設定されています

Storage VM を追加で作成する場合は、ポート e0a にプライベート IP アドレスを割り当てる必要があります。次の表に、インターフェイスごとのプライベート IP の最大数と、 Cloud Volumes ONTAP の導入後にポート e0a で使用可能な IP アドレスの数を示します。使用可能な IP アドレスの数は、その構成での Storage VM の最大数に直接影響します。

次のインスタンスは、 C5 、 m5 、および r5 インスタンスファミリを対象としています。

設定 インスタンスタイプ インターフェイスあたりのプライベート IP の最大数 展開後の IPS の残り時間 ^1 管理 LIF がない Storage VM の最大数 ^2 、 3^ 管理 LIF を使用している Storage VM の最大数 ^2 、 3^

* シングルノード *

*.2xlarge

15

9.

10.

5.

*.< :と入力します

30

24

24

12.

* 。 8xlarge

30

24

24

12.

* 。 9xlarge

30

24

24

12.

* 。 12xlarge

30

24

24

12.

*.16 x ラージ

50

44

24

12.

*. 18 倍

50

44

24

12.

*. 24xlarge

50

44

24

12.

* 単一の AZ* で HA ペア

*.2xlarge

15

10.

11.

5.

*.< :と入力します

30

25

24

12.

* 。 8xlarge

30

25

24

12.

* 。 9xlarge

30

25

24

12.

* 。 12xlarge

30

25

24

12.

*.16 x ラージ

50

45

24

12.

*. 18 倍

50

45

24

12.

*. 24xlarge

50

44

24

12.

* 複数の AZ にまたがる HA ペア *

*.2xlarge

15

12.

13

13

*.< :と入力します

30

27

24

24

* 。 8xlarge

30

27

24

24

* 。 9xlarge

30

27

24

24

* 。 12xlarge

30

27

24

24

*.16 x ラージ

50

47

24

24

*. 18 倍

50

47

24

24

*. 24xlarge

50

44

24

12.

  1. この数値は、 Cloud Volumes ONTAP の導入とセットアップ後にポート e0a で使用可能な残りのプライベート IP アドレスの数を示します。たとえば、 *.2xlarge システムでは、ネットワークインターフェイスごとに最大 15 の IP アドレスがサポートされます。単一の AZ に HA ペアを導入すると、 5 つのプライベート IP アドレスがポート e0a に割り当てられます。そのため、インスタンスタイプが *.2xlarge の HA ペアでは、追加の Storage VM 用にプライベート IP アドレスが 10 個残っています。

  2. これらの列に表示される数には、 Cloud Manager がデフォルトで作成する初期 Storage VM が含まれます。たとえば、この列に 24 個表示されている場合、合計 23 個の Storage VM を追加で作成でき、合計 24 個の VM が表示されます。

  3. Storage VM の管理 LIF はオプションです。管理 LIF は、 SnapCenter などの管理ツールへの接続を提供します。

    プライベート IP アドレスが必要なため、追加で作成できる Storage VM の数が制限されます。ただし、複数の AZ にまたがる HA ペアは例外です。この場合、管理 LIF の IP アドレスは _floating_ip アドレスであるため、 _private_IP 制限にはカウントされません。

ファイルとボリュームの制限

論理ストレージ パラメータ 制限( Limit )

* ファイル *

最大サイズ

16TiB

ボリュームあたりの最大数

ボリュームサイズは最大 20 億個です

* FlexClone ボリューム *

クローン階層の深さ 1

499

* FlexVol ボリューム *

ノードあたりの最大数

500

最小サイズ

20 MB

最大サイズ

100TiB

* qtree *

FlexVol あたりの最大数

4,995

* Snapshot コピー *

FlexVol あたりの最大数

1,023

  1. クローン階層の深さは、 1 つの FlexVol から作成できる、ネストされた FlexClone ボリュームの最大階層です。

iSCSI ストレージの制限

iSCSI ストレージ パラメータ 制限( Limit )

* LUN*

ノードあたりの最大数

1,024

LUN マップの最大数

1,024

最大サイズ

16TiB

ボリュームあたりの最大数

512

* igroup 数 *

ノードあたりの最大数

256

* イニシエータ *

ノードあたりの最大数

512

igroup あたりの最大数

128

* iSCSI セッション *

ノードあたりの最大数

1,024

* LIF *

ポートあたりの最大数

32

ポートセットあたりの最大数

32

* ポートセット *

ノードあたりの最大数

256