日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

事前定義済みのレポートを簡単に作成

寄稿者 netapp-alavoie dgracenetapp このページの PDF をダウンロード

Cloud Insights レポートには、レポートに求められる代表的な要件に対処する事前定義済みのレポートが含まれており、関係者はストレージインフラに関して十分な情報に基づいた意思決定を行うために必要な重要な情報を得ることができます。

注記 レポート機能は Cloud Insights で使用できます "Premium Edition の場合"

Cloud Insights レポートポータルから事前定義済みのレポートを生成したり、他のユーザにレポートを E メールで送信したり、レポートを変更したりできます。複数のレポートを使用して、デバイス、ビジネスエンティティ、または階層でフィルタリングできます。このレポートツールは、 IBM Cognos をベースとしたツールで、さまざまなデータ表示オプションが用意されています。

事前定義済みのレポートには、インベントリ、ストレージ容量、チャージバック、パフォーマンス、ストレージ効率、 クラウドコストのデータを活用できます。これらの事前定義済みレポートを変更して、変更内容を保存できます。

HTML 、 PDF 、 CSV 、 XML などのさまざまな形式でレポートを生成できます。 Excel などです。

Cloud Insights では、ユーザをビジネスユニットに関連付けることで、 Reporting でマルチテナンシーを実現できます。管理者は、この機能を使用して、ユーザの属性や所属先に従ってデータやレポートを分けることができます。

事前定義済みレポートに移動します

Reporting Portal を開くと、 _Team Content_folder が Cloud Insights レポートに必要な情報のタイプを選択するための出発点となります。

  1. 左側のナビゲーションペインで、 * チームコンテンツ * をクリックし、使用する情報カテゴリを選択します。

  2. [*Reports] をクリックして、事前定義済みレポートにアクセスします。

チームのコンテンツ

事前定義済みのレポートを使用した回答に関する一般的な質問への

次の事前定義済みレポートは、 * チームコンテンツ > レポート * で使用できます。

アプリケーションサービスレベルの容量とパフォーマンス

Application Service Level Capacity and Performance レポートには、アプリケーションの概要が表示されます。この情報は、キャパシティプランニングや移行計画に使用できます。

チャージバック

Chargeback レポートには、ストレージ容量のチャージバックとアカウンタビリティの情報がホスト、アプリケーション、およびビジネスエンティティ別に表示され、現在のデータと履歴データの両方が含まれます。

データが二重に収集されないようにするために、 ESX サーバを対象から除外し、 VM のみを監視してください。

データソース

Data Sources レポートには、サイトにインストールされているすべてのデータソース、データソースのステータス( success / failure )、およびステータスメッセージが表示されます。このレポートには、データソースのどこで問題が発生したかに関する情報が記載されていますデータソースが正常に機能しないと、レポートの精度と製品の可用性全般が低下します。

ESX と VM のパフォーマンス

ESX と VM のパフォーマンス比較レポートには、 ESX サーバと VM の平均および最大の IOPS 、スループット、レイテンシ、利用率が表示されます。データが二重に収集されないようにするために、 ESX サーバを対象から除外し、 VM のみを監視してください。このレポートの最新版は、 NetApp Storage Automation Store から入手できます。

ファブリックの概要

Fabric Summary レポートには、ポート数、ファームウェアバージョン、ライセンスステータスなど、スイッチとスイッチの情報が表示されます。このレポートには NPV スイッチポートは含まれません。

ホストの HBA

Host HBAs レポートには、環境内のホストの概要と、 HBA のベンダー、モデル、ファームウェアバージョン、および HBA が接続されているスイッチのファームウェアレベルが表示されます。このレポートを使用して、スイッチまたは HBA のファームウェアのアップグレードを計画する際にファームウェアの互換性を分析できます。

ホストのサービスレベルの容量とパフォーマンス

Host Service Level Capacity and Performance レポートには、ブロック専用アプリケーションのホスト別のストレージ利用率の概要が表示されます。

ホストサマリ

Host Summary レポートには、選択した各ホストのストレージ利用率の概要と、 Fibre Channel ホストおよび iSCSI ホストの情報が表示されます。このレポートを使用して、ポートとパス、 Fibre Channel と iSCSI の容量、および違反数を比較できます。

ライセンスの詳細

License Details レポートには、すべてのサイトで、ライセンスが付与されているリソースの数が表示されます。このレポートには、すべてのサイトでの実際のライセンス数の合計も表示されます。この合計には、複数のサーバで管理されるストレージアレイが重複してカウントされることがあります。

マップ済みだがマスクされていないボリューム

Mapped but not Masked Volumes レポートには、 LUN は特定のホストにマッピングされているが、そのホストに対してマスクされていないボリュームが表示されます。このようなボリュームは、マスクが解除された、運用を終了した LUN である可能性があります。マスクされていないボリュームにはどのホストからもアクセスできるため、データが破損しやすくなります。

ネットアップの容量とパフォーマンス

NetApp Capacity and Performance レポートには、割り当て済み容量、使用済み容量、コミット済み容量のグローバルデータ、および容量のトレンドとパフォーマンスデータが表示されます。

スコアカード

スコアカードレポートには、 Cloud Insights が取得したすべてのアセットの概要と一般的なステータスが表示されます。ステータスは、緑色、黄色、赤色のフラグで示されます。

  • 緑は正常な状態を示します

  • 黄色は、環境内に潜在的な問題があることを示します

  • 赤は、注意が必要な問題を示します

レポート内のすべてのフィールドの説明は、レポートに付属のデータディクショナリに記載されています。

ストレージサマリ

Storage Summary レポートには、 raw 、割り当て済み、ストレージプール、およびボリュームについて、使用済み容量と未使用の容量のデータの概要が表示されます。このレポートは、検出されたすべてのストレージの概要を示します。

VM の容量とパフォーマンス

仮想マシン( VM )環境とその使用容量が表示されます。VM の電源がオフになっている場合など、一部のデータを表示するには、 VM ツールを有効にする必要があります。

VM パス

VM Paths レポートは、仮想マシンが実行されているホスト、どのホストがどの共有ボリュームにアクセスしているか、アクティブなアクセスパスが何であるか、および容量の割り当てと使用量がどのようなものであるかについて、データストアの容量データとパフォーマンスの指標を提供します。

HDS 容量(シンプール別)

HDS Capacity by Thin Pool レポートには、シンプロビジョニングされたストレージプールで使用可能な容量が表示されます。

ネットアップ容量 - アグリゲート別

NetApp Capacity by Aggregate レポートには、アグリゲートの合計 raw スペース、合計スペース、使用済みスペース、使用可能なスペース、およびコミット済みスペースが表示されます。

シックアレイ別の Symmetrix 容量

Symmetrix Capacity by Thick Array レポートには、 raw 容量、使用可能な容量、空き容量、マッピングされた容量、マスクされた容量が表示されます。 合計空き容量を確認します。

シン・プール別の Symmetrix 容量

Symmetrix Capacity by Thin Pool レポートには、 raw 容量、使用可能な容量、使用済み容量、空き容量、使用済みの割合が表示されます。 サブスクライブ済み容量およびサブスクリプション率:

アレイ別の XIV 容量

XIV Capacity by Array レポートには、アレイの使用済み容量と未使用の容量が表示されます。

XIV Capacity by Pool の対比を表示します

XIV Capacity by Pool レポートには、ストレージプールの使用済み容量と未使用の容量が表示されます。