日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

レプリケーション API メソッド

寄稿者 netapp-mwallis

レプリケーション API メソッドを使用すると、継続的なデータ保護( CDP )のために 2 つのクラスタを接続できます。2 つのクラスタを接続すると、 1 つのクラスタ内のアクティブなボリュームをもう一方のクラスタに継続的にレプリケートしてデータリカバリを実現できます。レプリケーション用にボリュームをペアリングすることで、データにアクセスできなくなる可能性のあるイベントからデータを保護できます。