日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

BreakSnapMirrorVolume

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino

Element Web UI は「 BreakSnapMirrorVolume 」メソッドを使用して、 ONTAP ソースコンテナと Element ターゲットボリュームの間の SnapMirror 関係を解除します。Element SnapMirror ボリュームの解除は、 Element ボリュームへのデータのレプリケーション中に ONTAP システムが使用できなくなった場合に便利です。ストレージ管理者は、この機能を使用して、 Element SnapMirror ボリュームを制御したり、ボリュームとリモート ONTAP システムとの関係を解除したり、ボリュームを以前の Snapshot にリバートしたりできます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

ボリューム ID

解除処理を実行するボリューム。ボリュームのアクセスモードが snapMirrorTarget であることが必要です。

整数

なし

はい。

Snapshot ID

この ID の Snapshot にボリュームをロールバックします。デフォルトでは、最新の Snapshot にロールバックされます。

整数

なし

いいえ

保持

Snapshot ID で指定した Snapshot よりも新しい Snapshot をすべて保持します。有効な値は次のとおり

  • true : Snapshot ID よりも新しい Snapshot を保持します。

  • false : Snapshot ID よりも新しい Snapshot を保持しません。

false を指定すると、 Snapshot ID よりも新しい Snapshot がすべて削除されます。

ブール値

いいえ

いいえ

にアクセスします

処理後のボリュームアクセスモード。有効な値は次のとおり

  • 読み取りまたは書き込み

  • - 読み取り専用

  • ロック済み

文字列

読み取りまたは書き込み

いいえ

戻り値

このメソッドには戻り値はありません。

新規導入バージョン

10.0

詳細については、こちらをご覧ください