日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CheckProposedNodeAdditions

寄稿者 netapp-mwallis

「 CheckProposedNodeAdditions 」メソッドを使用すると、一連のストレージノードをテストして、エラーやベストプラクティスの違反なしでストレージクラスタに追加できるかどうかを確認できます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

ノード

ストレージクラスタに追加する準備ができているストレージノードのストレージ IP アドレスのリスト。

文字列の配列

なし

はい。

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前

説明

を入力します

提案されたクラスタ ID

提示されたストレージノードで有効なストレージクラスタを構成できるかどうか。有効な値は次のとおり

  • 正しいです

  • いいえ

ブール値

提案されたクラスタエラー

提示されたストレージノードを使用してストレージクラスタを作成した場合に発生するエラー。エラーコードは次のとおりです。

  • nodesNoCapacity :ノードに使用可能な容量がありません。

  • nodesTooLarge :アクティブな保護方式に対してクラスタ容量に占めるノードの割合が大きすぎます。

  • nodesConnectFailed :ノードに接続できず ' ハードウェア構成を照会できません

  • nodesQueryFailed: ノードにハードウェア構成を照会できません。

  • nodesClusterMember :ノードの IP アドレスがクラスタですでに使用されています。

  • nonFipsNodeCapable : FIPS 140-2 ドライブ暗号化機能が有効になっているため ' ストレージ・クラスタに FIPS 非対応ノードを追加できません

  • 「 nonFipsDrivesCapable 」: FIPS 140-2 ドライブ暗号化機能が有効になっているため、クラスタに FIPS 非対応のドライブを含むノードを追加できません。

文字列の配列

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
	"method": "CheckProposedNodeAdditions",
	"params": {
	"nodes": [
		"192.168.1.11",
		"192.168.1.12",
		"192.168.1.13",
		"192.168.1.14"
	]
},
	"id": 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
	"id": 1,
	"result": {
		"proposedClusterValid": true,
		"proposedClusterErrors": [ ]
	}
}

新規導入バージョン

11.0