日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラスタ

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino

cluster オブジェクトには、ノードとクラスタの通信で使用される情報が含まれます。GetClusterConfig API メソッドを使用すると、この情報を取得できます。

オブジェクトメンバー

このオブジェクトのメンバーは次のとおりです。

名前 説明 を入力します

シピ

クラスタ通信に使用するネットワークインターフェイス。

文字列

クラスタ

一意のクラスタ名。

文字列

暗号化可能

ノードがドライブ暗号化をサポートしているかどうか。

ブール値

アンサンブル

クラスタに参加しているノード。

文字列の配列

fipsDriveConfiguration を参照してください

ノードが FIPS 140-2 認定ドライブをサポートしているかどうか。

ブール値

MIPI

ノード管理に使用するネットワークインターフェイス。

文字列

名前

クラスタ名。

文字列

ノード ID

クラスタ内のノードの ID 。

文字列

pendingNodeID

クラスタ内の Pending 状態のノードの ID 。

整数

ロール

ノードのロールを指定します。

整数

SIPI

ストレージトラフィックに使用するネットワークインターフェイス。

文字列

状態

ノードの現在の状態。有効な値は次のとおり

  • Available :ノードにクラスタ名が設定されていません。

  • Pending :ノードは特定の名前付きクラスタに対して Pending の状態で、追加可能です。

  • Active :ノードはクラスタのアクティブなメンバーであり、別のクラスタに追加できません。

  • PendingActive :ノードは工場出荷時のソフトウェアイメージに戻されており、まだクラスタのアクティブなメンバーではありません。完了すると、 Active 状態に移行します。

文字列

バージョン

ノードで実行しているソフトウェアのバージョン。

文字列

メンバーの変更の可否とノードの状態

次の表に、それぞれのノード状態でオブジェクトのパラメータを変更できるかどうかを示します。

パラメータ名

Available 状態です

Pending 状態

Active 状態

シピ

いいえ

いいえ

いいえ

クラスタ

はい。

はい。

いいえ

暗号化可能

いいえ

いいえ

いいえ

アンサンブル

いいえ

いいえ

いいえ

MIPI

はい。

はい。

いいえ

名前

はい。

はい。

はい。

ノード ID

いいえ

いいえ

いいえ

pendingNodeID

いいえ

いいえ

いいえ

ロール

いいえ

いいえ

いいえ

SIPI

いいえ

いいえ

いいえ

状態

いいえ

いいえ

いいえ

バージョン

いいえ

いいえ

いいえ

詳細については、こちらをご覧ください