日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

clusterCapacity

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino

clusterCapacity オブジェクトには、クラスタの容量測定の概要が含まれます。GetClusterCapacity API メソッドを使用すると、クラスタの容量情報を取得できます。オブジェクトメンバーのスペース測定値はバイト単位で計算されます。

オブジェクトメンバー

このオブジェクトのメンバーは次のとおりです。

名前 説明 を入力します

activeBlockSpace

ブロックドライブのスペース容量。これには、クリーンアップ可能なメタデータエントリや容量などの追加情報が含まれます。

整数

ActiveSessions (アクティブセッション)

クラスタと通信するアクティブな iSCSI セッションの数。

整数

平均 IOPS

協定世界時( UTC )で午前 0 時以降に発生したクラスタの平均 IOPS 。

整数

clusterRecentIOSize を選択します

クラスタ内のすべてのボリュームに対する IOPS の平均サイズ。

整数

現在の IOPS

直近 5 秒間の、クラスタ内のすべてのボリュームの平均 IOPS 。

整数

maxIOPS

現在のクラスタの推定最大 IOPS 容量。

整数

最大オーバープロビジョニングスペース

プロビジョニング可能なスペースの最大容量。これは計算値です。現在のプロビジョニング済みスペースと新しいボリュームサイズの合計がこの値を超える場合は、新しいボリュームを作成できません。この値は、「 maxOverProvisionableSpace = maxProvisionedSpace * maxMetadataOverProvisionFactor 」のように計算されます

整数

最大プロビジョニングスペース

すべてのボリュームが 100% 使用されている場合(シンプロビジョニングされたメタデータがない場合)のプロビジョニング可能なスペースの総容量。

整数

maxUsedMetadataSpace

メタデータの保存に使用するボリュームドライブのバイト数。

整数

maxUsedSpace

すべてのアクティブなブロックドライブのスペースの総容量。

整数

ゼロ以外のブロック

前回のガベージコレクション完了後、データが含まれる 4KiB ブロックの総数。

整数

peakActiveSessions の順にクリックします

UTC 時間の午前 0 時以降の iSCSI 接続の最大数。

整数

ピーク IOPS

UTC の午前 0 時以降の currentIOPS の最大値。

整数

provisionedSpace

クラスタのすべてのボリュームでプロビジョニングされているスペースの総容量。

整数

タイムスタンプ

このクラスタ容量サンプルが取得された日時( UTC+0 形式)。

ISO 8601 形式の文字列

TotalOps

クラスタの寿命を通じて実行された I/O 処理の合計数。

整数

一意のブロック

ブロックドライブに格納されたブロックの総数。値にはレプリケートされたブロックが含まれます。

整数

uniqueBlocksUsedSpace のです

一意のブロックがブロックドライブで使用するデータの総容量。この数値と uniqueBlocks 値の関係については、 GetclusterCapacity メソッドを参照してください。

整数

usedMetadataSpace

メタデータの保存に使用するボリュームドライブの総バイト数。

整数

usedMetadataSpaceInSnapshots

Snapshot に一意のデータを保存するために使用するボリュームドライブのバイト数。この値から、システム上のすべての Snapshot を削除することにより、メタデータスペースの再利用可能な量を予測できます。

整数

usedSpace

システムのすべてのブロックドライブで使用されているスペースの総容量。

整数

ゼロロック

前回のガベージコレクション完了後、データが含まれない空の 4KiB ブロックの総数。

整数

詳細については、こちらをご覧ください