日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CompleteClusterPairing

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino

「 CompleteClusterPairing 」メソッドは、クラスタペアリングプロセスの 2 番目のステップです。クラスタペアリングプロセスを完了するには、「 artClusterPairing 」メソッドで受信したエンコードされたキーを使用します。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

clusterPairingKey を使用します

から返される文字列 StartClusterPairing を参照してください API メソッド。

文字列

なし

はい。

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前

説明

を入力します

clusterPairID

クラスタペアの一意の識別子。

整数

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "CompleteClusterPairing",
   "params": {
        "clusterPairingKey" : "7b22636c7573746572506169724944223a312c22636c75737465725061697255554944223a2231636561313336322d346338662d343631612d626537322d373435363661393533643266222c22636c7573746572556e697175654944223a2278736d36222c226d766970223a223139322e3136382e3133392e313232222c226e616d65223a224175746f54657374322d63307552222c2270617373776f7264223a22695e59686f20492d64774d7d4c67614b222c22727063436f6e6e656374696f6e4944223a3931333134323634392c22757365726e616d65223a225f5f53465f706169725f50597a796647704c7246564432444a42227d"
   },
   "id" : 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
   "id" : 1,
   "result" : {
       "clusterPairID" : 1
   }
}

新規導入バージョン

9.6

詳細については、こちらをご覧ください