日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CopyVolume (コピーボリューム)

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino

「 CopyVolume 」メソッドを使用すると、既存のボリュームのデータコンテンツを別のボリューム(またはスナップショット)のデータコンテンツで上書きできます。IQN 、 QoS 設定、サイズ、アカウント、ボリュームアクセスグループのメンバーシップなどの、デスティネーションボリュームの属性は変更されません。デスティネーションボリュームは、すでに存在している必要があり、ソースボリュームと同じサイズである必要があります。

この処理を開始する前にクライアントでデスティネーションボリュームをアンマウントすることを推奨します。処理中にデスティネーションボリュームが変更された場合、変更は失われます。この処理が完了するまでの時間は状況によって異なります。を使用できます GetAsyncResult プロセスがいつ完了したかを判断する方法、および ListSyncJobs をクリックしてコピーの進捗状況を確認してください。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

dstVolumeID

上書きするボリュームの ID 。

整数

なし

はい。

ボリューム ID

データを読み取るボリュームの ID 。

整数

なし

はい。

Snapshot ID

クローンのソースとして使用される Snapshot の ID 。ID を指定しない場合は、現在のアクティブボリュームが使用されます。

整数

なし

いいえ

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前

説明

を入力します

asyncHandle

処理結果の取得に使用されるハンドル値。

整数

クローン ID

新しいクローンボリュームのクローン ID 。

整数

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "CopyVolume",
   "params": {
      "volumeID" : 3,
      "dstVolumeID" : 2
   },
   "id" : 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id": 1,
  "result": {
    "asyncHandle": 9,
    "cloneID": 5
  }
}

新規導入バージョン

9.6

詳細については、こちらをご覧ください