日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CreateKeyProviderKmip

寄稿者 netapp-mwallis

CreateKeyProviderKmip メソッドを使用すると、指定した名前の Key Management Interoperability Protocol ( KMIP )キープロバイダを作成できます。キープロバイダは、認証キーを取得するメカニズムと場所を定義します。KMIP キープロバイダの新規作成時には、そのプロバイダに割り当てられている KMIP キーサーバはありません。KMIP キーサーバを作成するには、「 CreateKeyServerKmip 」メソッドを使用します。プロバイダに割り当てるには、「 AddKeyServerToProviderKmip 」を参照してください。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

KeyProviderName の略

作成する KMIP キープロバイダに関連付ける名前。この名前は表示目的でのみ使用され、一意である必要はありません。

文字列

なし

はい。

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前

説明

を入力します

kmipKeyProvider のいずれかです

作成されたキープロバイダの詳細を含むオブジェクト。

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
  "method": "CreateKeyProviderKmip",
  "params": {
    "keyProviderName": "ProviderName",
    },
"id": 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
   "id": 1,
   "result":
      {
    "kmipKeyProvider": {
        "keyProviderName": "ProviderName",
        "keyProviderIsActive": true,
        "kmipCapabilities": "SSL",
        "keyServerIDs": [
            15
        ],
        "keyProviderID": 1
    }
}
}

新規導入バージョン

11.7