日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

keyProviderKmip

寄稿者 netapp-mwallis

keyProviderKmip オブジェクトは、 Key Management Interoperability Protocol ( KMIP )キープロバイダの説明を示します。キープロバイダは、保存データの暗号化などのクラスタ機能で使用する認証キーを取得するためのメカニズムと場所の両方を提供します。

オブジェクトメンバー

このオブジェクトのメンバーは次のとおりです。

名前 説明 を入力します

KeyProviderID

KMIP キープロバイダの ID 。キープロバイダの作成時にクラスタによって割り当てられる一意の値で、変更できません。

整数

keyProviderIsActive

KMIP キープロバイダがアクティブな場合は true 。作成されたがまだ削除されていないために使用中であるとみなされた未処理のキーがある場合、プロバイダはアクティブであるとみなされます。

ブール値

KeyProviderName の略

KMIP キープロバイダの名前。

文字列

キーサーバ ID

このプロバイダに関連付けられているキーサーバ ID 。プロバイダをアクティブにするには、サーバを追加する必要があります。プロバイダがアクティブな間は、サーバを削除できません。プロバイダごとにサポートされるサーバ ID は 1 つだけです。

整数の配列

kmipCapabilities

基盤となるライブラリ、 FIPS 準拠、 SSL プロバイダなどの詳細を含む、この KMIP キープロバイダの仕様

文字列