日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CreatePublicPrivateKeyPair

寄稿者 netapp-mwallis

「 CreatePublicPrivateKeyPair 」メソッドを使用して、パブリックおよびプライベート SSL キーを作成できます。これらのキーを使用して、証明書署名要求を生成できます。各ストレージクラスタで使用できるキーペアは 1 組だけです。このメソッドを使用して既存のキーを置き換える前に、プロバイダがそのキーを使用していないことを確認してください。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

CommonName (共通名

X.509 識別名 * Common Name * フィールド( CN )。

文字列

なし

いいえ

国名

X.509 識別名 * Country * フィールド( C )。

文字列

なし

いいえ

E メールアドレス

X.509 識別名 * 電子メールアドレス * フィールド(メール)。

文字列

なし

いいえ

ローカリティ

X.509 識別名 *Locality Name * フィールド( L )。

文字列

なし

いいえ

組織

X.509 識別名 * 組織名 * フィールド( O )。

文字列

なし

いいえ

OrganizationalUnit

X.509 識別名 * 組織単位名 * フィールド( OU )。

文字列

なし

いいえ

状態

X.509 識別名 * State * または * Province Name * フィールド( ST または SP または S )。

文字列

なし

いいえ

戻り値

このメソッドには戻り値はありません。エラーがなければ、キーの作成は成功したとみなされます。

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
  "method": "CreatePublicPrivateKeyPair",
  "params": {
    "commonName": "Name",
    "country": "US",
    "emailAddress" : "email@domain.com"
   },
"id": 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
   "id": 1,
   "result":
      {}
}

新規導入バージョン

11.7