日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CreateSnapMirrorRelationship 」をクリックします

寄稿者 netapp-mwallis

Element Web UI は、「 CreateSnapMirrorRelationship 」メソッドを使用して、ソースエンドポイントとデスティネーションエンドポイントの間に SnapMirror 拡張データ保護関係を作成します。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

snapMirrorEndpointID

Element ストレージクラスタと通信するリモート ONTAP ストレージシステムのエンドポイント ID 。

整数

なし

はい。

sourceVolume 」と入力します

関係のソースボリューム。

なし

はい。

デスティネーションボリューム

関係のデスティネーションボリューム。

なし

はい。

関係タイプ

関係のタイプ。Element ソフトウェアを実行しているストレージ・システムの場合 ' この値は常に "extended_data_protecting" です

文字列

なし

いいえ

実行します

関係の ONTAP SnapMirror ポリシーの名前を指定します。指定しない場合のデフォルトのポリシー名は、 MirrorLatest です。

文字列

なし

いいえ

スケジュール名

SnapMirror 関係を更新する際に使用される、 ONTAP システム上の既存の cron スケジュールの名前。スケジュールを指定しない場合は、 SnapMirror 更新がスケジュールされないため、手動で更新する必要があります。

文字列

なし

いいえ

最大転送速度

ボリューム間の最大データ転送率を KB/ 秒単位で指定します。デフォルト値の 0 は無制限を意味し、使用可能なネットワーク帯域幅を SnapMirror 関係がフルに活用できるようにします。

整数

なし

いいえ

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前

説明

を入力します

snapMirrorRelationship のこと

新たに作成された SnapMirror 関係の情報。

新規導入バージョン

10.1