日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CreateSnapshot の更新

寄稿者 netapp-mwallis

「 CreateSnapshot 」を使用して、ボリュームのポイントインタイムコピーを作成できます。任意のボリュームまたは既存の Snapshot から Snapshot を作成できます。

この API メソッドで Snapshot ID を指定しない場合、ボリュームのアクティブなブランチから Snapshot が作成されます。Snapshot の作成元のボリュームがリモートクラスタにレプリケートされている場合は、 Snapshot も同じターゲットにレプリケートできます。enableRemoteReplication パラメータを使用して、 Snapshot 機能を使用したレプリケーションを有効にします。

注記 Snapshot を作成できるのは、クラスタフルが「ステージ 1 」、「ステージ 2 」、または「ステージ 3 」の場合です。ステージが 4 または 5 に達すると、 Snapshot を作成できなくなります。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

「 attributes 」

JSON オブジェクト形式の名前と値のペアのリスト。

JSON オブジェクト

なし

いいえ

enableRemoteReplication

Snapshot をリモートストレージにレプリケートするかどうかを指定します。有効な値は次のとおり

  • True :スナップショットはリモート・ストレージにレプリケートされます

  • 'false': スナップショットはリモート・ストレージにレプリケートされません

ブール値

いいえ

いいえ

「 enseireSerialCreation 」

以前の Snapshot レプリケーションが実行中の場合に Snapshot を作成しないように指定します。有効な値は次のとおりです。

  • True :これにより ' 一度に 1 つのスナップショットのみがレプリケートされます以前の Snapshot レプリケーションがまだ実行中の場合、新しい Snapshot の作成は失敗します。

  • 'false': デフォルト別の Snapshot レプリケーションがまだ実行中の場合は、この Snapshot を作成できます。

ブール値

「偽」

いいえ

有効期限

Snapshot を削除するまでの時間を指定します。「保持」と一緒に使用することはできません。expirationTime または retention のどちらも指定しない場合、 Snapshot は期限切れになりません。時刻の形式は、時間ベースの期限を表す ISO 8601 形式の日付文字列であり、それ以外の場合は期限切れになりません。値が null の場合 ' スナップショットは永続的に保持されます「 fifo 」の値を指定すると、ボリューム上の他の FIFO スナップショットと比較して、スナップショットが先入れ先出しベースで保持されます。使用可能な FIFO 領域がない場合、 API は失敗します。

文字列

なし

いいえ

「 name 」

Snapshot の名前。名前を入力しない場合、 Snapshot の作成日時が使用されます。最大文字数は 255 文字です。

文字列

なし

いいえ

「延長」

このパラメータは 'expirationTime' パラメータと同じですが ' 時刻の形式は HH:mm:ss です’expirationTime' も '`retention' も指定しない場合 ' スナップショットは期限切れになりません

文字列

なし

いいえ

「 MirrorLabel 」を参照してください

SnapMirror エンドポイントでの Snapshot 保持ポリシーを指定するために SnapMirror ソフトウェアで使用されるラベル。

文字列

なし

いいえ

'napshotID'

新しい Snapshot の作成元 Snapshot の一意の ID 。Snapshot ID は、指定したボリュームの Snapshot の ID である必要があります。

整数

なし

いいえ

「ボリューム ID 」

コピー元のボリュームイメージの一意の ID 。

整数

なし

はい。

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前

説明

を入力します

チェックサム

保存された Snapshot の正しい数字を表す文字列。このチェックサムを使用して、あとで他の Snapshot と比較してデータ内のエラーを検出できます。

文字列

Snapshot ID

新しい Snapshot の一意の ID 。

Snapshot ID

スナップショット

作成された Snapshot の情報を含むオブジェクト。

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "CreateSnapshot",
   "params": {
      "volumeID": 1
   },
   "id": 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id": 1,
  "result": {
    "checksum": "0x0",
      "snapshot": {
        "attributes": {},
        "checksum": "0x0",
        "createTime": "2016-04-04T17:14:03Z",
        "enableRemoteReplication": false,
        "expirationReason": "None",
        "expirationTime": null,
        "groupID": 0,
        "groupSnapshotUUID": "00000000-0000-0000-0000-000000000000",
        "name": "2016-04-04T17:14:03Z",
        "snapshotID": 3110,
        "snapshotUUID": "6f773939-c239-44ca-9415-1567eae79646",
        "status": "done",
        "totalSize": 5000658944,
        "virtualVolumeID": null,
        "volumeID": 1
      },
        "snapshotID": 3110
  }
}

例外

「 createsnapshot 」 API が呼び出され、スナップショットを作成できない場合は、 xNotPrimary 例外が表示されます。これは想定される動作です。CreateSnapshot` API 呼び出しを再試行します。

新規導入バージョン

9.6