日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CreateStorageContainer を作成します

寄稿者 netapp-mwallis

「 CreateStorageContainer 」メソッドを使用すると、 Virtual Volume ( VVOL )ストレージコンテナを作成できます。ストレージコンテナは、レポートの作成やリソースの割り当てに使用できます。仮想ボリューム機能を使用するには、少なくとも 1 つのストレージコンテナを作成する必要があります。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

名前

ストレージコンテナの名前。Element ソフトウェアアカウントの命名規則に従います。

文字列

なし

はい。

アカウント ID

ストレージコンテナに変換する非ストレージコンテナアカウント。

整数

なし

いいえ

イニシエータシークレット

イニシエータの CHAP 認証用のシークレット。

文字列

なし

いいえ

targetSecret

ターゲットの CHAP 認証用のシークレット。

文字列

なし

いいえ

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前

説明

を入力します

ストレージコンテナ

新たに作成されたストレージコンテナに関する情報を含むオブジェクト。

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
  "method": "CreateStorageContainer",
    "params": {
        "name" : "example"
    },
    "id": 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id": 1,
  "result": {
    "storageContainer": {
      "accountID": 8,
      "initiatorSecret": "rVTOi25^H.d;cP}l",
      "name": "example",
      "protocolEndpointType": "SCSI",
      "status": "active",
      "storageContainerID": "a9ec1138-e386-4a44-90d7-b9acbbc05176",
      "targetSecret": "6?AEIxWpvo6,!boM"
    }
  }
}

新規導入バージョン

9.6