日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CreateSupportBundle を作成します

寄稿者 netapp-mwallis netapp-dbagwell

CreateSupportBundle を使用すると、ノードのディレクトリにサポートバンドルファイルを作成できます。作成したバンドルは、 tar ファイルとしてノードに格納されます( gz 圧縮オプションは extraArgs パラメータで使用できます)。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

bundleName の略

サポートバンドルの一意の名前。名前を指定しない場合、「 supportbundle 」とノード名がファイル名として使用されます。

文字列

なし

いいえ

extraArgs

tar.gz ファイルとしてサポートバンドルを作成する場合は、「 -compress gz 」を使用してください。

文字列

なし

いいえ

timeoutSec

サポートバンドルスクリプトを実行する秒数。

整数

1 、 500

いいえ

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前

説明

を入力します

詳細

サポートバンドルの詳細。有効な値は次のとおり

  • bundleName : CreateSupportBundleAPI メソッドで指定した名前。名前を指定しなかった場合、「 supportbundle 」が使用されます。

  • extraArgs :このメソッドで渡された引数。

  • files :システムが作成したサポートバンドルファイルのリスト。

  • output :サポートバンドルを作成したスクリプトからのコマンドライン出力。

  • timeoutSec :サポートバンドルスクリプトの実行を停止するまでの秒数。

  • url :作成されたサポートバンドルの URL 。

JSON オブジェクト

期間

サポートバンドルの作成に使用された時間。形式は HH : MM : SS.ssss です。

文字列

結果

サポートバンドルの処理が成功したか失敗したか。

文字列

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
 "method": "CreateSupportBundle",
"params": {
  "extraArgs": "--compress gz"
 },
"id": 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
"id": 1,
"result": {
  "details": {
    "bundleName": "supportbundle",
    "extraArgs": "--compress gz",
    "files": [
         "supportbundle.nodehostname.tar.gz"
     ],
     "output": "timeout -s KILL 1500s /sf/scripts/sfsupportbundle --quiet --compress gz /tmp/solidfire-dtemp.1L6bdX/supportbundle<br><br>Moved '/tmp/solidfire-dtemp.1L6bdX/supportbundle.nodehostname.tar.gz' to /tmp/supportbundles",
      "timeoutSec": 1500,
      "url": [
          "https://nodeIP:442/config/supportbundles/supportbundle.nodehostname.tar.gz"
      ]
    },
    "duration": "00:00:43.101627",
    "result": "Passed"
  }
}

新規導入バージョン

9.6