日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CreateVolumeAccessGroup

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino

CreateVolumeAccessGroup を使用すると、新しいボリュームアクセスグループを作成できます。ボリュームアクセスグループを作成するときは、名前を指定する必要があります。必要に応じて、イニシエータとボリュームを入力することもできます。

ボリュームアクセスグループに追加したイニシエータ IQN は、 CHAP 認証なしでグループ内のすべてのボリュームにアクセスできます。

注記 クローンボリュームには、ソースボリュームのボリュームアクセスグループメンバーシップは継承されません。

ボリュームアクセスグループを作成する際は、次の点に注意してください。

  • ボリュームアクセスグループには、最大 64 個のイニシエータ IQN を含めることができます。

  • 1 つのイニシエータは 1 つのボリュームアクセスグループにのみ属することができます。

  • ボリュームアクセスグループには、最大 2 、 000 個のボリュームを含めることができます。

  • 各ボリュームアクセスグループは、最大 4 つの他のボリュームアクセスグループに属することができます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

イニシエータ

ボリュームアクセスグループに含めるイニシエータの ID または名前( IQN および WWPN )のリスト。イニシエータ名のリストを渡した場合、存在しないイニシエータは作成されます。イニシエータ ID のリストを渡した場合、存在しないイニシエータにはエラーが返されます。イニシエータ名を渡すことは推奨されていません。可能な場合はイニシエータ ID を使用し

整数の配列または文字列の配列(非推奨)

いいえ

名前

ボリュームアクセスグループの名前。固有である必要はありませんが、一意にすることを推奨します1~64 文字で指定します。

文字列

なし

はい。

個のボリューム

ボリュームアクセスグループに含めるボリューム ID のリスト。

整数の配列

いいえ

属性( Attributes )

JSON オブジェクト形式の名前と値のペアのリスト。

JSON オブジェクト

{ }

いいえ

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前

説明

を入力します

volumeAccessGroup の場合

新たに作成されたボリュームアクセスグループの情報を含むオブジェクト。

ボリュームアクセスグループ ID

新たに作成されたボリュームアクセスグループの ID 。

整数

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "CreateVolumeAccessGroup",
   "params": {
      "name": "myaccessgroup",
      "initiators": ["iqn.1993-08.org.debian: 01: a31b1d799d5c"],
      "volumes": [327],
      "attributes": {}
   }
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id": null,
  "result": {
    "volumeAccessGroup": {
      "attributes": {},
      "deletedVolumes": [],
      "initiatorIDs": [
        95
      ],
      "initiators": [
        "iqn.1993-08.org.debian: 01: a31b1d799d5c"
      ],
      "name": "myaccessgroup",
      "volumeAccessGroupID": 96,
      "volumes": [
        327
      ]
    },
    "volumeAccessGroupID": 96
  }
}

新規導入バージョン

9.6

詳細については、こちらをご覧ください