日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

「 getClusterFullThreshold 」

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino

GetClusterFullThreshold メソッドを使用すると、クラスタフルレベルに設定されたステージを表示できます。このメソッドは、すべてのクラスタフル指標を返します。

注記 クラスタがブロッククラスタフルの Error ステージに達すると、クラスタが Critical ステージに近づくにつれて、すべてのボリュームの最大 IOPS がボリュームの最小 IOPS へと直線的に引き下げられます。これにより、クラスタがブロッククラスタフルの Critical ステージに達するのを防ぐことができます。

パラメータ

このメソッドには入力パラメータはありません。

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 を入力します

blockFullness

クラスタの現在のブロックフルレベル。

  • stage1Happy :アラートまたはエラー状態はありません。Web UI の「 * Healthy * 」状態に相当します。

  • stage2Aware :アラートまたはエラー状態はありません。Web UI の「 * Healthy * 」状態に相当します。

  • stage3Low : 2 つのノードで時間をおいて障害が発生した場合、冗長データ保護は提供されません。Web UI の * Warning * 状態に相当します。このレベルは Web UI で設定できます(デフォルトでは、このアラートは Error 状態の 3% 下の容量でトリガーされます)。

  • stage4Critical : 1 つのノードの障害からの冗長データ保護は提供されません。新しいボリュームやクローンを作成することはできません。Element UI の * Error * 状態に相当します。

  • stage5CompletelyConsumed :すべての容量が消費されています。クラスタは読み取り専用になり、 iSCSI 接続は維持されますが、書き込みはすべて中断されます。Element UI の * Critical * 状態に相当します。

文字列

使用率

「 blockFullness 」と「 metadataFullness 」のうち、より容量が不足している方の値が反映されます。

文字列

最大 MetadataOverProvisionFactor

使用可能なスペースに対して、メタデータスペースをプロビジョニングできる回数。たとえば、 100TiB 分のボリュームを格納するのに十分なメタデータスペースがある場合、この数値を「 5 」に設定すると、 500TiB 分のボリュームを作成できます。

整数

メタデータの容量が不足しています

クラスタの現在のメタデータフルレベル。

  • stage1Happy :アラートまたはエラー状態はありません。Web UI の「 * Healthy * 」状態に相当します。

  • stage2Aware :アラートまたはエラー状態はありません。Web UI の「 * Healthy * 」状態に相当します。

  • stage3Low : 2 つのノードで時間をおいて障害が発生した場合、冗長データ保護は提供されません。Web UI の * Warning * 状態に相当します。このレベルは Web UI で設定できます(デフォルトでは、このアラートは Error 状態の 3% 下の容量でトリガーされます)。

  • stage4Critical : 1 つのノードの障害からの冗長データ保護は提供されません。新しいボリュームやクローンを作成することはできません。Element UI の * Error * 状態に相当します。

  • stage5CompletelyConsumed :すべての容量が消費されています。クラスタは読み取り専用になり、 iSCSI 接続は維持されますが、書き込みはすべて中断されます。Element UI の * Critical * 状態に相当します。

文字列

sliceReserveUsedThresholdPct を使用します

エラー状態。予約済みスライス使用率がこの値を超えると、システムアラートがトリガーされます。

整数

stage2AwareThreshold の値

認識状態。ステージ 2 のクラスタしきい値レベルに設定された値。

整数

stage2BlockThresholdBytes

ステージ 2 の状態が存在するクラスタで使用されているバイト数。

整数

stage2MetadataThresholdBytes

ステージ 2 のスペース不足が発生するクラスタで使用されているメタデータのバイト数。

stage3BlockThresholdBytes

クラスタで使用されているストレージバイトのうち、「ステージ 3 のスペース不足」状態になるストレージバイトの数。

整数

stage3BlockThresholdPercent

ステージ 3 に設定されたパーセント値。この割合に達すると、アラートログに警告が記録されます。

整数

stage3LowThreshold をクリックします

エラー状態。クラスタの容量低下が原因でシステムアラートが作成されるしきい値。

整数

stage3MetadataThresholdBytes

ステージ 3 のスペース不足状態になる、クラスタで使用されているメタデータのバイト数。

整数

stage3MetadataThresholdPercent

メタデータフルの「ステージ 3 」に設定されたパーセント値。この割合に達すると、アラートログに警告が記録されます。

整数

stage4BlockThresholdBytes

ステージ 4 のスペース不足が発生する、クラスタで使用されているストレージのバイト数。

整数

stage4CriticalThreshold

エラー状態。クラスタの容量の深刻な低下を警告するためにシステムアラートが作成されるしきい値。

整数

stage4MetadataThresholdBytes

ステージ 4 のスペース不足状態になる、クラスタで使用されているメタデータのバイト数。

整数

stage5BlockThresholdBytes

ステージ 5 のスペース不足が発生する、クラスタで使用されているストレージのバイト数。

整数

stage5MetadataThresholdBytes

ステージ 5 のスペース不足状態になる、クラスタで使用されているメタデータのバイト数。

整数

sumTotalClusterBytes

クラスタの物理容量(バイト単位)。

整数

sumTotalMetadataClusterBytes

メタデータの格納に使用できるスペースの総容量。

整数

sumUsedClusterBytes の値

クラスタで使用されているストレージのバイト数。

整数

sumUsedMetadataClusterBytes

ボリュームドライブでメタデータの格納に使用されているスペースの量。

整数

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method" : "GetClusterFullThreshold",
   "params" : {},
   "id" : 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id":1,
  "result":{
    "blockFullness":"stage1Happy",
    "fullness":"stage3Low",
    "maxMetadataOverProvisionFactor":5,
    "metadataFullness":"stage3Low",
    "sliceReserveUsedThresholdPct":5,
    "stage2AwareThreshold":3,
    "stage2BlockThresholdBytes":2640607661261,
    "stage3BlockThresholdBytes":8281905846682,
    "stage3BlockThresholdPercent":5,
    "stage3LowThreshold":2,
    "stage4BlockThresholdBytes":8641988709581,
    "stage4CriticalThreshold":1,
    "stage5BlockThresholdBytes":12002762096640,
    "sumTotalClusterBytes":12002762096640,
    "sumTotalMetadataClusterBytes":404849531289,
    "sumUsedClusterBytes":45553617581,
    "sumUsedMetadataClusterBytes":31703113728
  }
}

新規導入バージョン

9.6

詳細については、こちらをご覧ください