日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

GetFeatureStatus の順にクリックします

寄稿者 netapp-mwallis

GetFeatureStatus メソッドを使用すると、クラスタ機能のステータスを取得できます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

フィーチャー( Feature )

クラスタ機能のステータス。値を指定しない場合は、すべての機能のステータスが返されます。有効な値は次のとおり

  • vvols : VVol クラスタ機能のステータスを取得します。

  • SnapMirror : SnapMirror レプリケーションクラスタ機能のステータスを取得します。

  • fips : HTTPS 通信の FIPS 140-2 暗号化機能のステータスを取得します。

  • fipsDrives : FIPS 140-2 ドライブ暗号化機能のステータスを取得します。

文字列

なし

いいえ

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 を入力します

の機能

機能名とそのステータスを示す機能オブジェクトの配列。オブジェクトメンバーは次のとおりです

  • feature :(文字列)機能の名前。

  • enabled :(ブーリアン)機能が有効になっているかどうか。

JSON オブジェクトの配列

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
  "method": "GetFeatureStatus",
    "params": {
    },
    "id": 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
    "id": 1,
    "result": {
        "features": [
            {
                "enabled": true,
                "feature": "Vvols"
            },
            {
                "enabled": true,
                "feature": "SnapMirror"
            },
            {
                "enabled": true,
                "feature": "Fips"
            },
            {
                "enabled": true,
                "feature": "FipsDrives"
            }
        ]
    }
}

新規導入バージョン

9.6