日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

GetFipsReport のようになりました

寄稿者 netapp-mwallis

「 GetFipsReport 」メソッドを使用すると、ストレージクラスタ内のすべてのノードの FIPS 140-2 暗号化機能サポートステータスを確認できます。

パラメータ

このメソッドには入力パラメータはありません。

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 を入力します

結果

すべてのノードの FIPS 140-2 機能サポート状況、および照会に応答しなかった各ノードのエラー情報を含む JSON オブジェクト。

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
  "method": "GetFipsReport",
  "params": {},
  "id" : 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
    "id": 1,
    "result": {
    "nodes": [
        {
           "nodeID": 1,
		   "fipsDrives": "None",
           "httpsEnabled": true
        },
        {
           "nodeID": 3,
		   "fipsDrives": "None",
           "httpsEnabled": true
        }
    ],
    "errorNodes": [
        {
           "nodeID": 2,
           "error": {
               "message": "The RPC timed out.",
               "name": "xRpcTimeout"
               }
        }
    ]
    }
}

新規導入バージョン

10.3