日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

GetNodeSupportedTlsCiphers

寄稿者 netapp-mwallis

単一のノードで「 GetNodeSupportedTlsCiphers 」メソッドを使用すると、そのノードで現在サポートされている TLS 暗号のリストを取得できます。このメソッドは、管理ノードとストレージノードで使用できます。

パラメータ

このメソッドには入力パラメータはありません。

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 を入力します

データ暗号化

ノードの必須 TLS 暗号スイートのリスト。ノードで常にアクティブな暗号です。

文字列

defaultCipheralCiphers

ノードのデフォルトの追加 TLS 暗号スイートのリスト。補足暗号は、 ResetNodeJassentalTlsCiphers API メソッドを実行すると、このリストに復元されます。

文字列

「 SupportedCiphers 」を参照してください

SetNodeJassentalTlsCiphers API メソッドを使用して設定できる追加 TLS 暗号スイートのリスト。

文字列

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
  "method": "GetNodeSupportedTlsCiphers",
  "params": {},
  "id" : 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id" : 1,
  "result" : {
	"defaultSupplementalCiphers": [
		"DHE-RSA-AES128-SHA256",
		"DHE-RSA-AES128-GCM-SHA256",
		"ECDHE-RSA-AES128-SHA256",
		"ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256"
	],
	"mandatoryCiphers": [
		"DHE-RSA-AES256-SHA256",
		"DHE-RSA-AES256-GCM-SHA384",
		"ECDHE-RSA-AES256-SHA384",
		"ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384"
	],
	"supportedSupplementalCiphers": [
		"DHE-RSA-AES128-SHA256",
		"DHE-RSA-AES128-GCM-SHA256",
		"ECDHE-RSA-AES128-SHA256",
		"ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256",
		"DHE-RSA-AES256-SHA",
		"ECDHE-RSA-AES256-SHA",
		"DHE-RSA-CAMELLIA256-SHA",
		"DHE-RSA-AES128-SHA",
		"ECDHE-RSA-AES128-SHA",
		"DHE-RSA-CAMELLIA128-SHA"
	]
}
}