日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

GetSoftwareEncryptionAtRestInfo

寄稿者 netapp-dbagwell netapp-mwallis

GetSoftwareEncryptionAtRestInfo メソッドを使用すると、クラスタが保存データの暗号化に使用するソフトウェアの保存データを暗号化できます。

パラメータ

このメソッドには入力パラメータはありません。

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

パラメータ 説明 を入力します 任意。

masterKeyInfo の順に選択します

現在のソフトウェア保存データ暗号化マスターキーに関する情報。

EncryptionKeyInfo

正しいです

rekeyMasterKeyAsyncResultID

現在または最新のキー変更処理(存在する場合)の非同期結果 ID (まだ削除されていない場合)。「 GetAsyncResult 」の出力には、新しいマスターキーに関する情報と、古いキーに関する情報が格納された「 keyToDecommission 」フィールドが含まれます。

整数

正しいです

状態

現在のソフトウェアの保存データの暗号化状態。有効な値は「イネーブル」または「イネーブル」です。

文字列

いいえ

バージョン

保存データのソフトウェア暗号化が有効になるたびに増分されるバージョン番号。

整数

いいえ

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
 "method": "getsoftwareencryptionatrestinfo"
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
    "id": 1,
    "result": {
        "masterKeyInfo": {
            "keyCreatedTime": "2021-09-20T23:15:56Z",
            "keyID": "4d80a629-a11b-40ab-8b30-d66dd5647cfd",
            "keyManagementType": "internal"
        },
        "state": "enabled",
        "version": 1
    }
}