日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ListAccounts の 2 つのグループ

寄稿者 netapp-mwallis

ListAccounts を使用すると、オプションでページングをサポートしながら、ストレージテナントアカウントのリスト全体を取得できます。Element アカウントを使用してボリュームにアクセスできます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

includeStorageContainers のように指定します

デフォルトでは仮想ボリュームストレージコンテナは応答に含まれます。ストレージコンテナを除外するには、 false に設定します。

ブール値

正しいです

いいえ

startAccountID

返される最初のアカウント ID 。このアカウント ID のアカウントが存在しない場合は、アカウント ID 順で次に来るアカウントがリストの先頭として使用されます。リストをページングするには、前の応答の最後のアカウントに「 1 」を加えたアカウント ID を渡します。

整数

なし

いいえ

制限( Limit )

返される account オブジェクトの最大数。

整数

なし

いいえ

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前

説明

を入力します

アカウント

アカウントのリスト。

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "ListAccounts",
   "params": {
     "startAccountID"  : 0,
     "limit" : 1000
   },
   "id" : 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
   "result" : {
    "accounts": [
	{
        "attributes": {},
        "username": "jamesw",
        "targetSecret": "168#5A757ru268)",
        "volumes": [],
        "enableChap": false,
        "status": "active",
        "accountID": 16,
        "storageContainerID": "abcdef01-1234-5678-90ab-cdef01234567",
        "initiatorSecret": "168#5A757ru268)"
    },
    {
        "attributes": {},
        "username": "jimmyd",
        "targetSecret": "targetsecret",
        "volumes": [],
        "enableChap": true,
        "status": "active",
        "accountID": 5,
        "storageContainerID": "abcdef01-1234-5678-90ab-cdef01234567",
        "initiatorSecret": "initiatorsecret"
    }
  ]
}
}

新規導入バージョン

9.6