日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ListVolumeAccessGroups の実行

寄稿者 netapp-mwallis

「 ListVolumeAccessGroups 」メソッドを使用すると、現在システム内に存在するボリュームアクセスグループに関する情報を取得できます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

制限( Limit )

返される volumeAccessGroup オブジェクトの最大数。volumeAccessGroups パラメータと同時に指定することはできません。

整数

無制限

いいえ

startVolumeAccessGroupID

表示する最初のボリュームアクセスグループの ID 。volumeAccessGroups パラメータと同時に指定することはできません。

整数

0

いいえ

volumeAccessGroups

取得するボリュームアクセスグループ ID 値のリスト。startVolumeAccessGroupID および limit パラメータと同時に指定することはできません。

整数の配列

いいえ

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前

説明

を入力します

volumeAccessGroups

各ボリュームアクセスグループの詳細を示すオブジェクトのリスト。

volumeAccessGroupsNotFound :ボリュームアクセスグループアクセスグループ

システムで検出されなかったボリュームアクセスグループのリスト。volumeAccessGroups パラメータを使用していて、 1 つ以上の指定したボリュームアクセスグループが見つからなかった場合に表示されます。

整数の配列

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "ListVolumeAccessGroups",
   "params": {
      "startVolumeAccessGroupID": 3,
      "limit"   : 1
   },
   "id" : 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id": 1,
  "result": {
    "volumeAccessGroups": [
      {
        "attributes": {},
        "deletedVolumes": [],
        "initiatorIDs": [],
        "initiators": [],
        "name": "example1",
        "volumeAccessGroupID": 3,
        "volumes": []
      }
    ]
  }
}

新規導入バージョン

9.6