日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ModifySnapshot の追加

寄稿者 netapp-mwallis

「 modifySnapshot 」を使用すると、現在スナップショットに割り当てられている属性を変更できます。また、このメソッドを使用すると、読み取り / 書き込み(ソース)ボリュームで作成された Snapshot を、 Element ソフトウェアを実行しているターゲットストレージクラスタにリモートでレプリケートできます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前

説明

を入力します

デフォルト値

必須

enableRemoteReplication

作成した Snapshot をリモートストレージクラスタにレプリケートできるようにします。有効な値は次のとおり

  • True :スナップショットはリモート・ストレージにレプリケートされます

  • 'false': スナップショットはリモート・ストレージにレプリケートされません

ブール値

いいえ

いいえ

有効期限

Snapshot を削除するまでの時間を指定します。保持とともに使用することはできません。元の Snapshot の有効期限または保持期間がどちらも指定されていない場合、 Snapshot は期限切れになりません。時刻の形式は、時間ベースの期限を表す ISO 8601 形式の日付文字列であり、それ以外の場合は期限切れになりません。値を null にすると、 Snapshot が永続的に保持されます。FIFO の値を設定すると、ボリューム上の他の FIFO スナップショットと比較して、 FIFO ( First-In First-Out )ベースでスナップショットが保持されます。使用可能な FIFO 領域がない場合、 API は失敗します。

ISO 8601 形式の日付文字列

なし

いいえ

名前

Snapshot の名前。名前を入力しない場合、 Snapshot の作成日時が使用されます。最大文字数は 255 文字です。

文字列

なし

いいえ

snapMirrorLabel のことです

SnapMirror エンドポイントでの Snapshot 保持ポリシーを指定するために SnapMirror ソフトウェアで使用されるラベル。

文字列

なし

いいえ

Snapshot ID

Snapshot の識別子。

文字列

なし

はい。

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前

説明

を入力します

スナップショット

変更された Snapshot の情報を含むオブジェクト。

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
  "method": "ModifySnapshot",
  "params": {
    "snapshotID": 3114,
    "enableRemoteReplication": "true",
    "name" : "Chicago"
  },
  "id": 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id": 1,
  "result": {
    "snapshot": {
      "attributes": {},
      "checksum": "0x0",
      "createTime": "2016-04-04T17:26:20Z",
      "enableRemoteReplication": true,
      "expirationReason": "None",
      "expirationTime": null,
      "groupID": 0,
      "groupSnapshotUUID": "00000000-0000-0000-0000-000000000000",
      "name": "test1",
      "snapshotID": 3114,
      "snapshotUUID": "5809a671-4ad0-4a76-9bf6-01cccf1e65eb",
      "status": "done",
      "totalSize": 5000658944,
      "virtualVolumeID": null,
      "volumeID": 1
    }
  }
}

新規導入バージョン

9.6