日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

network (ローカルインターフェイス)

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino

network (ローカルインターフェイス)オブジェクトには、ストレージノード上のループバックインターフェイスなどのローカルネットワークインターフェイスの設定情報が含まれます。GetConfig メソッドと GetNetworkConfig メソッドを使用して、ストレージノードのこの情報を取得できます。

オブジェクトメンバー

このオブジェクトのメンバーは次のとおりです。

名前

説明

を入力します

ファミリー

インターフェイスで使用するように設定されているアドレスファミリー。IPv4 の「 inet 」が現在サポートされています。

文字列

macAddress

インターフェイスに割り当てられた、ネットワークが監視する実際の MAC アドレス。

文字列

macAddressPermanent

メーカーがインターフェイスに割り当てた変更不可の MAC アドレス。

文字列

メソッド

インターフェイスの設定に使用する方法。有効な値は次のとおり

  • loopback : IPv4 ループバックインターフェイスを定義する場合に使用します。

  • manual :自動設定されないインターフェイスを定義する場合に使用します。

  • dhcp : DHCP 経由で IP アドレスを取得する場合に使用できます。

  • static : IPv4 アドレスが静的に割り当てられたイーサネットインターフェイスを定義する場合に使用します。

文字列

ステータス

インターフェイスの状態。有効な値は次のとおり

  • Down :インターフェイスは非アクティブです。

  • Up :インターフェイスは準備できていますが、リンクがありません。

  • UpAndRunning :インターフェイスの準備は完了しており、リンクが確立されています。

文字列

upAndRunning のようになりました

インターフェイスの準備が完了していて、リンクがあるかどうかを示します。

ブール値

メンバーの変更の可否とノードの状態

次の表に、それぞれのノード状態でオブジェクトのパラメータを変更できるかどうかを示します。

パラメータ名

Available 状態です

Pending 状態

Active 状態

ファミリー

いいえ

いいえ

いいえ

macAddress

システムで設定されます

該当なし

該当なし

macAddressPermanent

システムで設定されます

該当なし

該当なし

メソッド

いいえ

いいえ

いいえ

ステータス

はい。

はい。

はい。

upAndRunning のようになりました

システムで設定されます

該当なし

該当なし

詳細については、こちらをご覧ください