日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

networkInterfaceStats のようになります

寄稿者 netapp-mwallis

networkInterfaceStats オブジェクトには、ネットワーク統計、送受信されたパケットの総数、およびストレージノード上の個々のネットワークインターフェイスのエラー情報が含まれます。ストレージノードのネットワークインターフェイスに関するこの情報を表示するには、「 ListNetworkInterfaceStats 」 API メソッドを使用します。

オブジェクトメンバー

このオブジェクトのメンバーは次のとおりです。

名前 説明 を入力します

衝突

検出されたコリジョン数。

整数

名前

ネットワークインターフェイスの名前。

文字列

rxBytes

受信したバイトの総数。

整数

rxCrcErrors

CRC エラーが発生した受信パケットの数。

整数

rxDropped

ドロップされた受信パケット数。

整数

rxErrors

受信した不良または不正な形式のパケットの数。

整数

rxFifoErrors

受信データの FIFO オーバーランエラーの数。

整数

rxFrameErrors

フレームアライメントエラーを含む受信パケットの数。

整数

rxLengthErrors

長さエラーのある受信パケットの数。

整数

rxMissedErrors

受信者が受信しなかったパケットの数。

整数

rxOverErrors

このインターフェイスのレシーバリングバッファオーバーフローエラーの数。

整数

rxPackets

受信パケットの合計数。

整数

txBytes

送信されたバイトの総数。

整数

txCarrierErrors

送信側のキャリアエラーの数。

整数

TxErrors

パケット送信エラーの数。

整数

TxFifoErrors

送信側の FIFO オーバーランエラーの数。

整数

txPackets

送信されたパケットの合計数。

整数