日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

RemoveClusterAdmin

寄稿者 netapp-mwallis

RemoveClusterAdmin メソッドを使用すると、クラスタ管理者、 LDAP クラスタ管理者、またはサードパーティの Identity Provider ( IdP ;アイデンティティプロバイダ)クラスタ管理者を削除できます。「 admin 」クラスタ管理者アカウントを削除することはできません。

パラメータ

サードパーティのアイデンティティプロバイダ IdP に関連付けられた認証セッションを含む IdP クラスタ管理者を削除すると、それらのセッションはログアウトされるか、現在のセッションでアクセス権が失われる可能性があります。アクセス権が失われるかどうかは、削除した IdP クラスタ管理者が特定のユーザの SAML 属性に含まれる複数の IdP クラスタ管理者の 1 人に一致したかどうかによって異なります。残りの一致する IdP クラスタ管理者のセットを使用すると、アグリゲートのアクセス権が制限されます。それ以外のタイプのクラスタ管理者ユーザは、クラスタ管理者が削除されるとログアウトされます。

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

clusterAdminID

削除するクラスタ管理者の ClusterAdminID 。

整数

なし

はい。

戻り値

このメソッドには戻り値はありません。

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "RemoveClusterAdmin",
   "params": {
     "clusterAdminID"  : 2
   },
   "id" : 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
 "id" : 1
 "result" : { }
}

新規導入バージョン

9.6