日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

スケジュール

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino

schedule オブジェクトには、ボリュームの Snapshot を自動的に作成するために設定されたスケジュールの情報が含まれます。「 ListSchedules 」 API メソッドを使用すると、すべてのスケジュールのスケジュール情報を取得できます。

オブジェクトメンバー

このオブジェクトのメンバーは次のとおりです。

名前 説明 を入力します

属性( Attributes )

スケジュールの設定頻度を示します。有効な値は次のとおり

  • 曜日

  • 日にち

  • 時間間隔

JSON オブジェクト

hasError

スケジュールにエラーがあるかどうかを示します。有効な値は次のとおり

  • 正しいです

  • いいえ

ブール値

時間

次の Snapshot が作成されるまでの時間を表示します。有効な値は 0~24 です。

整数

lastRunStatus の順にクリックします

最後にスケジュールされた Snapshot のステータスを示します。有効な値は次のとおり

  • 成功

  • 失敗しました

文字列

lastRunTimeStart の順にクリックします

最後にスケジュールが開始された日時を示します。

ISO 8601 形式の日付文字列

次の Snapshot が作成されるまでの分数を表示します。有効な値は 0~59 です。

整数

月日

Snapshot を作成する日にち。

配列

一時停止中

スケジュールが一時停止しているかどうか。有効な値は次のとおり

  • 正しいです

  • いいえ

ブール値

繰り返し

スケジュールを繰り返すかどうか。有効な値は次のとおり

  • 正しいです

  • いいえ

ブール値

RunNextInterval をクリックします

次にスケジューラがアクティブになったときにスケジュールを実行するかどうかを示します。true の場合、次にスケジューラがアクティブになったときにスケジュールが実行され、 false に戻ります。有効な値は次のとおり

  • 正しいです

  • いいえ

ブール値

scheduleID です

スケジュールの一意の ID 。

整数

scheduleInfo を指定します

スケジュールに指定した一意の名前、作成した Snapshot の保持期間、 Snapshot 作成元のボリュームのボリューム ID が含まれます。

JSON オブジェクト

スケジュール名

スケジュールに割り当てる一意の名前。

文字列

スケジューラの種類

現時点では、サポートされているスケジュールタイプは snapshot だけです。

文字列

snapMirrorLabel のことです

作成された Snapshot またはグループ Snapshot に適用される snapMirrorLabel 。 scheduleInfo に含まれます。設定されていない場合、この値は null です。

文字列

開始日

スケジュールが最初に開始された日、または開始される日。形式は、 UTC 時間形式です。

ISO 8601 形式の日付文字列

To BeDeleted

スケジュールを削除対象としてマークするかどうか。有効な値は次のとおり

  • 正しいです

  • いいえ

ブール値

平日

Snapshot を作成する曜日を示します。

配列

詳細については、こちらをご覧ください