日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SetLoginSessionInfo

寄稿者 netapp-mwallis

「 setLoginSessionInfo 」メソッドを使用すると、セッションのログイン認証の有効期間を設定できます。システムで処理が行われないままログインの有効期間が経過すると、認証の期限が切れます。ログインの有効期間の経過後もクラスタに引き続きアクセスするには、新しいログインクレデンシャルが必要です。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

タイムアウト

クラスタ認証の有効期限。形式は HH : mm : ss ですたとえば、タイムアウト時間を 90 分にするには、 01 : 30 : 00 、 00 : 90 : 00 、および 00 : 00 : 5400 のいずれかを使用します。最小タイムアウト値は 1 分です。値を指定しない場合や 0 に設定した場合は、ログインセッションにタイムアウト値はありません。

文字列

30 分

いいえ

戻り値

このメソッドには戻り値はありません。

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
  "method": "SetLoginSessionInfo",
  "params": {
    "timeout" : "01:30:00"
   },
   "id" : 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id" : 1,
  "result" : {}
}

新規導入バージョン

9.6