日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

snapMirrorNetworkInterface の略

寄稿者 netapp-mwallis

snapMirrorNetworkInterface オブジェクトには、クラスタ間論理インターフェイス( LIF )の情報が含まれています。

オブジェクトメンバー

このオブジェクトのメンバーは次のとおりです。

名前 説明 を入力します

管理ステータス

論理インターフェイス( LIF )が管理目的で有効になっているか無効になっているか。有効な値は次のとおり

  • 上へ

  • 下へ

文字列

snapMirrorEndpointID

デスティネーション ONTAP システムの ID 。

整数

インターフェイス名

LIF の名前。

文字列

NetworkAddress

LIF の IP アドレス。

文字列

ネットワークマスク

LIF のネットワークマスク。

文字列

interfaceRole

LIF のロール。有効な値は次のとおり

  • 未定義です

  • クラスタ

  • データ

  • Node_mgmt

  • クラスタ間

  • cluster_mgmt

文字列

操作ステータス

LIF の動作状態(接続が正常に確立されたかどうか)。インターフェイスの動作を妨げる問題がネットワークで発生している場合は、このステータスが管理ステータスと異なることがあります。有効な値は次のとおり

  • 上へ

  • 下へ

文字列

vserverName の略

SVM の名前。

文字列