日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

TestAddressAvailability の値

寄稿者 netapp-mwallis

「 TestAddressAvailability 」メソッドを使用すると、特定の IP アドレスがストレージクラスタ内のインターフェイスで使用されているかどうかを確認できます。

注記 SolidFire エンタープライズ SDS は、この方法をサポートしていません。SolidFire ESDS システムでこのメソッドを使用すると、エラーが返されます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

インターフェイス

ターゲットのネットワークインターフェイス( eth0 、 Bond10G など)。

文字列

なし

はい。

住所

ターゲットインターフェイスでスキャンする IP アドレス。

文字列

なし

はい。

virtualNetworkTag

ターゲットの VLAN ID 。

整数

なし

いいえ

タイムアウト

ターゲットアドレスをテストするためのタイムアウト(秒)。

整数

5.

いいえ

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前

説明

を入力します

住所

テストした IP アドレス。

文字列

利用可能

要求した IP アドレスが使用中の場合は true 、使用中でない場合は false 。

ブール値

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
	"method": "TestAddressAvailability",
	"params": {
		"interface": "Bond10G",
		"address": "10.0.0.1",
		"virtualNetworkTag": 1234
	}
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
	"id": 1,
	"result": {
		"address":"10.0.0.1",
		"available": true
	}
}

新規導入バージョン

11.0