日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

TestConnectEnsemble のようになりました

寄稿者 netapp-mwallis

「 TestConnectEnsemble 」メソッドを使用すると、指定したデータベースアンサンブルとの接続を検証できます。デフォルトでは、ノードが関連付けられているクラスタのアンサンブルを使用します。また、接続をテストする別のアンサンブルを指定することもできます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

アンサンブル

接続テスト用アンサンブルノードクラスタ IP アドレスのカンマで区切ったリスト。

文字列

なし

いいえ

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 を入力します

詳細

返されるオブジェクトは次のとおり

  • nodes :(オブジェクト)テスト対象の各アンサンブルノードとテスト結果のリスト。

  • '`date`:(string) テストの実行に必要な時間。

  • re sult:( 文字列 ) テスト全体の結果。

JSON オブジェクト

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
  "method": "TestConnectEnsemble",
  "params": {},
  "id": 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
   "id": 1,
   "result": {
      "details": {
         "nodes":  {
            "1:10.10.20.70": "Passed",
            "2:10.10.20.71": "Passed",
            "3:10.10.20.72": "Passed",
            "4:10.10.20.73": "Passed",
            "5:10.10.20.74": "Passed"
        }
      },
        "duration": "00:00:00:756072",
        "result": "Passed"
   }
}

新規導入バージョン

9.6