日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

TestConnectMvip のように入力します

寄稿者 netapp-mwallis

「 TestConnectMvip 」メソッドを使用すると、ストレージクラスタへの管理接続をテストできます。テストでは、 MVIP に対して ping を実行し、シンプルな API メソッドを実行して接続を検証します。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 を入力します デフォルト値 必須

MVIP

この値を渡して別の MVIP の管理接続をテストすることができます。ターゲットクラスタへの接続をテストするときは、この値を指定する必要はありません。

文字列

なし

いいえ

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 を入力します

詳細

テスト処理に関する情報( JSON オブジェクト)。

  • 'connected` :テストが MVIP に接続できるかどうかを示します(ブーリアン)。

  • m vip: テスト対象の MVIP ( 文字列 )

  • `pingBytes: 56 バイトと 1500 バイトの ping テストの詳細 ( オブジェクト )

    • 56: 56 バイトの ping テストの結果 (JSON オブジェクト ):

      • individualResponseTimes : 各アンサンブルノードからの応答時間のリスト ( 文字列配列 )

      • individualStatus` :各アンサンブルノードからの ping ステータスのリスト(ブーリアンの配列)。

      • 'RespondseTime`: ping の平均応答時間 ( 文字列 )

      • 'uccessful ': ping テストが成功したかどうかを示します ( ブール型 )

    • 1500`: 1500 バイトの ping テストの結果 (JSON オブジェクト ):

      • individualResponseTimes : 各アンサンブルノードからの応答時間のリスト ( 文字列配列 )

      • individualStatus` :各アンサンブルノードからの ping ステータスのリスト(ブーリアンの配列)。

      • 'RespondseTime`: ping の平均応答時間 ( 文字列 )

      • 'uccessful ': ping テストが成功したかどうか ( ブール値 )

    • `uration: テストの実行に必要な時間の長さ ( 文字列 )

    • 「フル」 : テストの結果 ( 文字列 )

JSON オブジェクト

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "TestConnectMvip",
   "params": {
       "mvip" : "172.27.62.50"
       },
    "id":1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id": 1,
  "result": {
    "details": {
      "connected": true,
      "mvip": "172.27.62.50",
      "pingBytes": {
        "1500": {
          "individualResponseTimes": [
            "00:00:00.000250",
            "00:00:00.000206",
            "00:00:00.000200",
            "00:00:00.000199",
            "00:00:00.000199"
         ],
          "individualStatus": [
             true,
             true,
             true,
             true,
             true
         ],
         "responseTime": "00:00:00.000211",
         "successful": true
       },
       "56": {
          "individualResponseTimes": [
            "00:00:00.000217",
            "00:00:00.000122",
            "00:00:00.000117",
            "00:00:00.000119",
            "00:00:00.000121"
         ],
         "individualStatus": [
            true,
            true,
            true,
            true,
            true
         ],
         "responseTime": "00:00:00.000139",
         "successful": true
        }
      }
    },
    "duration": "00:00:00.271244",
    "result": "Passed"
  }
}

新規導入バージョン

9.6